スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災のこと

震災から3年と言うことで、個人としては大きな被害には合わなかったんだけど、ちょっと書いてみる。

我が家は宮城県多賀城市で、市内では津波被害も発生し死者も出たが、幸いな事に我が家にまでは津波も到達せず、家族も無事だった。
妻は仙台新港で仕事をしていたが、地震を受けて即座に子どもたちを迎えに行くことを決断。
波打つ地面を車で走り、小学校に居た次女、受験を終えた休みで祖母と一緒に居た長女を回収し、さらに近所に居た姪っ子たちも車に載せ、定員オーバーながら高台へ避難してくれた。
妻のこの即断がなければ家族はどうなっていたかわからない。
事実、妻の会社周りは津波が直撃し、10分~20分も判断を保留していたら、子供たちが妻と合うこともなかった。一刻も早い避難が生死を分けると痛感した。

その頃俺はと言えば、避難指示に従い着の身着のままで仕事先の福島県庁前の公園に集まり、雪の降る中「サンダルに上着もないと寒くて死にそうっすwww家族に連絡繋がらないwww」と愚痴っていた。
避難時は慌てず急いで、出来る限り身の回りのものを持って出るのが正解だと思う。

しばらくして家族ともメールで連絡が取れ、無事を確認。
しかしケータイは通じないので、仕事中の父、入院中の母とは連絡が取れなかった。
メールやLINEなど、データ通信による安否確認は大変有効だと思う。

2日後に仕事を終えて福島市から仙台へタクシーで帰宅。
こんな状況でもカードは使えた。
早朝に家族と再会し、そこから1ヶ月半、ライフライン回復まで不安を抱えたままの生活になった。

この時意外にも役に立ったのは、冗談で買った手回し式ケータイ充電器だった。
そもそもケータイの電波(docomo)はほとんど通じないんだけど、何かの拍子にちょっと通じることは有り、そんな時はTwitterなどのソーシャルメディアで「給水所」「食料などの臨時販売」「ガソリン・灯油販売」「床屋での洗髪」などの情報を仕入れることも出来たし、知人の安否確認も出来た。
ラジオは無かったが、充電できたお陰でワンセグのテレビが見れたのも大きい。

暖房は石油ストーブと買い置きの灯油。
灯油はウチのような所だと1~2缶しか買い置きしていないと思うが、ある程度年をとった家だと、巡回販売から4~5缶まとめ買いしてるようで、これは助かった。
電気のないところでも使える石油ストーブは1つ、物置においておきたい。

石油ストーブでちょっとした足元灯くらいの明るさはあるが、常につけておくわけにもいかないし、やはりロウソクや(手回し式や電池式も含めて)ランタンは常備したい。
実家には仏壇があるので、ロウソクも備蓄してあって助かった。
牛乳パックトーチも思ったより明るかったが、やっぱりロウソクの方がいい。

近所の情報は、やはり市役所などで集めるのが良かった。
我が家からも妻の実家からも結構距離はあったが、自転車があると結構市内全部明るいうちに行き来できる。
支援物資や水の配給など、荷台のついた自転車があると非常に助かった。
まぁ我が家は食べ物の備蓄や衣類などは自前で用意出来たので、支援物資はいただかなかったが、水を運ぶのに自転車やキャリーカートが無かったらと思うとゾッとする。
車はガソリンが手に入らないので、いざという時のために温存していた。

それから、大事だと思ったのは常備薬。
絆創膏から消毒薬、総合感冒薬や痛み止め、時期だったら花粉症などの薬、あと持病の薬。
置き薬は普段は無駄に思えるけど、こういう時にあるとすごく助かる。
ちょうど花粉症の季節だったので、俺と娘は目が真っ赤、目の周り真っ黒、鼻の周りボロボロで半月くらい我慢してた。

電気がないから掃除機や洗濯機も使えない。
そもそも水がないから洗濯は諦めて、下着だけ全員の顔を洗った(と言ってもタオル絞って顔を拭くだけ)りした洗面器一杯の残り水で手洗い。
週に1~2回固く絞ったタオルで体を拭くだけの風呂。
掃除はほうきと雑巾がけ。
雑巾がけの水は洗濯後の洗面器の水w
ほうきが無かったら俺の喘息もっと酷くなってたかも。

この緊急生活中、なんだかんだで現金10~20万円は使ったと思う。
食べ物や水分に「高い安い」なんて言ってられないし、次にいつ手に入るかも分からないから買ってしまう。
子供に我慢をする生活を強いていると言う罪悪感から、手に入るならチョコレートやスナック菓子も買ってしまう。
ある程度の現金は手元にあったほうが安心だと思う。

あると助かる、助かったものは色々あるが、それぞれ想像力を働かせて準備しといたほうがいいと思う。
結局使わなかったねで済めばそれに越したことはないんだから。

実体験、色んな所から情報が出れば、判断の材料になると思うので、一応拙い文章ではあるが書き留めておく。

二度とこんな災害が起こらず、この情報が役に立たないことを祈って。
スポンサーサイト

ゾルピデム、ブロチゾラム

長期の出張でかかりつけ医に薬をもらうことが出来ず、代わりになる市販薬とか無いかなーと、軽い気持ちでググったら結構洒落にならなかったので、2年半ほど毎日飲んでる導眠剤(睡眠薬)の話を。


前から睡眠時間が短く、深夜2時~3時に寝て朝6時に起床する生活を10年ほど続けていた。
昼休みや通勤バスでの仮眠や、休日の7~8時間の寝溜めでのせいもあり、喘息の発作で朝目が覚めてしまう時やアレルギーで鼻が詰まってる時以外は大げさに睡眠不足を感じることもなかった。

しかし震災後、自宅に戻り仕事にも復帰し、やっと普通の生活らしきものが始まった5月辺りから事情が変わってきた。

2時~3時頃には眠くなり布団に入るとすぐ眠り、目覚まし時計がなるまで熟睡できていたのが、布団に入っても胸がドキドキして眠いのになかなか眠れず、睡眠中にも1時間おきに目が覚めてしまう。
昼休みなどの仮眠自体は今までどおり眠れたが、起きてからボーっとして10分~15分ほど頭がまわらない。
土日の寝溜めも出来ず、夜中に1時間おきに目が覚め、朝も7時前には完全に眠れなくなってしまった。

我慢して生活を続けていたが、7月の初旬に喘息の診察を受けた際、思い切って相談してみた。
睡眠時間短すぎだと驚いた医師が「23時頃には布団に入る事」と前置きした上で処方したのがマイスリー。
生まれて初めての導眠剤。
これはかなり劇的な体験だった。

師の勧めで0時前には寝ることにし、23時頃に薬を飲んで布団に入りゴロゴロしていると1時間前後で意識がフッと無くなり4時頃まで眠れた。
ただ、4時、5時、6時ちょっと前(6時には起きるのだけど、その10分~15分前とかの微妙な時間)に目が覚めてしまう。
次の診察の際「だいぶ良くなりました」と上記の報告をすると、ブロチゾラム(レンドルミンのジェネリック)も追加で処方される。
これも飲むことで、5時過ぎまで眠り、1~2度は目を覚ましてしまうことは多いものの、後は目覚ましまでちゃんと眠れるようになった。

処方後1年を過ぎた頃から「そろそろ治ってるんじゃないか?」「このまま続けてたら依存症とか副作用が出るんじゃないか?」と心配になり、金曜の夜などに薬を飲まずに寝てみる事を何度かやってみた。

結果、眠るときの鼓動は大きくなり頭のなかに大音響で鳴り響くので全く入眠出来ず。
朝4時頃にやっと眠れたが、20~30分周期で寝たり起きたりを繰り返し、7時には完全に眠れなくなってしまった。

らかに以前よりひどくなってるので医師に相談してみるが「依存・副作用ともにほとんど問題のない薬だし、薬飲んで眠れるなら飲んどけばいいじゃん。気に病むのが一番良くない。」と言うことで続ける事になった。
その後、調剤薬局の薬剤師に「結構長く続けてますね、その後どうですか?」と聞かれ、同じように相談すると「一気に全部やめるのじゃなく、まずは半分にするとか1種類だけにするとか、その辺から始めたらどうですか?」と言うアドバイスをもらった。
「なるほどそういう手がありましたか」などと聞いてはいたものの、薬無しで眠るテストをした時の不安感やイライラに対する恐怖と、妻の仕事が忙しくなり、休日とは言え子どもたちの面倒を見たり家事炊事などをする必要があったので実行はしていなかった。
しかし最近は長期出張で休日も一人で居るし、掃除や洗濯なども一人分でかなり楽なので、週末に半分実験をすることにした。
とは言っても錠剤を半分に割るのは面倒なので、2つ処方されている薬を1個ずつ飲むようにするだけのテスト。

結果として、半分でも次の日に行動不能になるような状況は回避できる事が判明したので、仕事のある平日は処方通りに飲み、休日は半分にする方向で今は落ち着いている。
このまま少しずつ量を減らしていければと思う。


で、半分実験で判明したそれぞれの薬の(俺に対する)効果を下に書いておく。
特にマイスリーは個人差が大きいそうなので、参考程度に。
ゾルピデム、ブロチゾラム

ゾルピデム(マイスリー)

イミダゾピリジン系(非ベンゾジアゼピン系)、超短期型、依存・副作用とも少ない。

寝付きは早い。大体1時間~1時間半できっちり落ちる。ドキドキ感やザワザワ感も無くなる。
ただし、本人は落ちたつもりでも実は起きてて(もしくは中途覚醒して)ネットに書き込んだりお菓子やアイス食ったりする事が多々ある。(アイス3~4本食ってた時はビビった)
特にビール併用しちゃった時とかひどい。(アルコールはダメですと医師に言われてる)
しかもその事に対する記憶が全く無い。
一過性前向性健忘と言うらしい。
意識のあるうちにPCとかスマホとか全部きっちり落として寝る態勢を作ることが大事だと思う。

3時間ほどはバッチリ寝てるとは思うが、その後は1時間に1回くらい目が醒めることが多い。
ただし、薬を飲んでいない時より再入眠までの時間が短いのでそこそこ楽。

起床後は「眠い~」と言う感覚はすぐに無くなり、割とスッキリ。

ブロチゾラム(レンドルミン)

チエノジアゼピン系(ベンゾジアゼピン系)、短時間型、依存・副作用とも少ない。

寝付きはまぁまぁ良い。1時間過ぎた辺りで眠くなり、少しずつドキドキ感やザワザワ感も無くなっていき、その後30分~1時間30分くらいで自然な感じの入眠ができる。

ビール併用しちゃった時とか(何度も書くがアルコールはダメですと医師に言われてる)ほんのちょっと記憶が飛ぶことがあるが、飛んでる期間も短いし、そんなに変なこともしてない。(ゲームがちょっと進んでたりする程度w)

夢を多く見るので眠りは浅いのかもしれないが、早朝まで長く眠れる。
その早朝の中途覚醒も5時や6時ころに一度目を覚ましてしまうが、割とすぐ再入眠出来、何度も起きることは無い。(今は7時起床)

起床後は30分以上眠いのが続くが、行動不能な程ではない。
長く眠れてるはずなのに眠気が続くのは、やっぱり眠りが浅いからじゃないかなと思う。

当然ながらここに書いた薬をおススメしている訳ではない。
これらの薬は長期や大量の服用をした場合、離脱症が起こる可能性があるので、くれぐれも医師の処方を守り正しく使用してほしい。
たぶん俺の不眠の症状が薬を飲まないと悪化していたのも、リバウンド不眠とかリバウンド不安ってやつのような気がするので、やっぱり普通に飲んでても副作用とか依存とか、無いわけではないと思う。
認知症とか精神障害のリスクも高めるらしいから洒落にならない。
「安全な薬」と言われているけど「薬効だけ有って副作用が全然無い薬など存在しない」し、脳へ作用する薬だから飲まないに越したことはないので。

ただ、俺と同じような症状で困っていても、持病で通院とかしてない人だと医師に相談ってのもなかなか出来ないかもしれないし、薬でなんとかなるとも思ってないかもしれない。
そういう人が病院でちょっと相談してみようかなっていうキッカケにでもなれば。
ベンゾジアゼピンの長期的影響
ベンゾジアゼピン離脱症候群

theme : 薬・医者・病院等
genre : 心と身体

ドコモメール

ケータイ時代のキャリアメール(@docomo.ne.jp)がIMAP対応になったと言うのを今更知ったので、喜び勇んでCommuniCase(ドコモの専用メーラーアプリ)をやめて、一般のメーラーアプリに統合する事にした。

しかし、簡単に終わるだろうと思われたこの変更に1時間近くも時間がかかってしまったので、情報をメモしておく。
K-9

1.SPモードメール?ドコモメール?


キャリアメールの名前はSPモードメールだが、ググって出てきた情報にはドコモメールと書いてある。
IMAP対応したから名前が変わっただけで同じものだろうと思っていたが、それがまず間違い。
同じメールアドレスのメールをやりとりするのだが、これが別物だった。
今現在SPモードメールを使用している場合、ドコモメール用のアプリをダウンロードして、ドコモメールを使用するように設定しないと、IMAP/SMTPでの送受信はエラーになってしまうので、まずdocomoのお客様サポートサイトでドコモメールを使用するように設定する必要がある。

ぶっちゃけ、これに気づくまでに40分くらいかかったw
なんだよ!サーバ名もspmode.ne.jpのくせに!

2.ドコモメールのdocomo ID利用設定を有効にする


ドコモのサイトにスマホでアクセスして、ドコモメールの専用アプリ以外で使用できるように設定する。
やり方はドコモのサイト参照のこと。

3.K-9 Mailの設定


gmailの設定はアカウント設定でgmailのアドレスとパスワードを入れると、自動で設定してくれる。

ドコモメールの設定は自動ではやってくれないので、以下のように手動設定する。
ドコモメールの設定内容についてはドコモのサイトにも書いてあるので、情報が変わった時のために一応リンクも張っておく。

受信メールサーバ設定
アカウント名:初期値はメールアドレスの@以前が表示されているが、それではなくdocomo IDを入力する。
パスワード:パスワードも同様にdocomo IDのパスワード
IMAPサーバ:imap.spmode.ne.jp(iPhoneだとimap2らしい)
保護された接続:SSL/TLSを使用する
認証タイプ:PLAIN
ポート:993
IMAP名前空間を自動検出にチェック
IMAP設定


送信メールサーバ設定
SMTPサーバ:smtp.spmode.ne.jp
保護された接続:SSL/TLSを使用する
ポート:465
このサーバは認証が必要にチェック
セキュリティ設定:AUTOMATIC
SMTP設定


以上。
これ設定したらドコモメールアプリ削除してもOK。
快適快適~。

theme : NTT DoCoMo
genre : 携帯電話・PHS

OracleDBのNUMBER型項目のバイト数

DB設計とかの上流工程を担当したことがなかったので、NUMBER型項目のサイズで必要な値は精度(全体の桁数)とスケール(小数点以下の桁数)だけだった。

以前からDB設計書とかちら見しては「なんでこの桁数の項目に、こんなバイト数なんだ?」と不思議に思っていた事はある。
数字なんて符号+桁数で2桁=1バイトが正しいんじゃないか?と。
(UTF-8使うようになって全角日本語が1文字3バイト必要になったりしたのもまた「なんでだよw2バイト文字じゃねーのかよ」って感じなのに。)

今回たまたまEUCの設計をするので、ちょこっと調べてみたら、なんとなくガッテンしたのでメモ。

OracleのNUMBER型は内部数値形式としてn×10^e(nかける10のe乗)形式で保存される。
なので123は1.23×10^2となり、格納するのに必要なバイト数は数値部(1、2、3)で2バイト+指数部(2)が1バイトで、合計3バイト。
1000だと1×10^3となり、格納するのに必要なバイト数は数値部(1)が1バイト+指数部(3)が1バイトで、合計2バイトになる。
ちなみにマイナスの値は-123だと-1.23×10^2となり数値部に(-、1、2、3)+指数部(2)が1バイトで、合計3バイトのようになる。

以上の事から、数値1桁、符号小数部なしの項目は設計上2バイト、符号付きでも2バイト。
しかし、数値2桁だと符号なしは2バイト、符号付きだと3バイトっていう事になる。
一見整合性がないように見えるが、ちゃんと整合性とれてた。
やっぱりちゃんと上流工程から理解しとかないとまずいなぁ。

文字列としての保存じゃないから、この方が小数点以下の扱いについて分かりやすいのかもしれない。

まぁ俺の理解が間違ってるだけの可能性もかなり高いけど、個人的にスッキリしたからOKとしよう。

theme : Oracle関連
genre : コンピュータ

作りかけの小説(10年以上前のもの)のプロローグ

10年以上前に書きかけて途中で終わってる「小説になるはずだったものの残骸」
128MBのMOから出てきたから載せてみる。


人はなぜ死ぬのか。
細胞が老化し分裂を行えなくなり、死んでゆく。

しかし体内に注入された自己修復可能なナノマシーンによるテロメアの再生すら可能になった今、栄養さえ摂取し続ければ、人はほぼ無限に、健康に生き続けることができるようになった。
その栄養もしかり。
遺伝子操作された穀物が無尽蔵に生産され、それを元に作られる人工的な肉、魚、野菜・・・のような物で作られた様々な料理が作り出され、食べられ、あるいは廃棄される。
必要なエネルギーは高性能化した太陽光パネルから有り余るほど供給される。

世界には今、中流階級が存在しなかった。
と言っても想像するような格差社会ではない。

労働力の殆どは機械が担う。
社会福祉制度が充実し、また衣食住に必要な原価・エネルギーが驚くほどに低くなり、病気や怪我もほとんど自動でナノマシーンが修復してくれるようになったため、働くこともせずに毎日好きなものを食べ、飲み、遊んで暮らす下層階級と、そんな生活が保証されていてもなお、金や権力、名声を求めて働き、研究し、サービスを行う上流階級のみが存在するのだ。

人口は非常に低レベルで安定している。
健康にも生活にも未来にも何の不安もなくなった人類は、自己複製という生物の根源的欲求も忘れてしまったかのようだ。

そんな世界でもスポーツを行い、世界一を目指す人間は居た。
パラリンピックの記録がオリンピックの記録をすべて塗り替えてから、もう半世紀は経つだろうか。
今の世界にも障がい者は居る。
何か不測の事態に直面し、あるいは自ら進んで危険な行為に挑み、自動修復が不可能なほどの損傷を体の一部に負ったものは、失った部分を人工の筋肉や臓器で補う。
その人工の肉体が、健常者の肉体よりも不必要なほどに高性能なのだ。
ある時を境に、パラリンピックは人工臓器の技術開発競争の場になった。

そこに彼女が現れた。
不幸な事故により生まれてすぐに死に直面し、脳の一部以外を全て人工臓器に交換された子供。
赤ん坊の脳で多量の人工臓器を制御することを可能にするために、その脳にすらアクセラレータが取り付けられている。
18歳になり、アクセラレータ無しでも人工臓器を制御できるようになった今も、アクセラレータは脳の処理機能を高速化させ続けていた。


ブレードランナーとかぽい世界観だけど、平民が幸せそうで事件が起こりそうにないw
一応倫理と闘いながら18歳の「障がい者」である少女が巨大企業の暗部と戦っていく話を書きたかったらしいが、舞台装置の作りがダメだろwアラサーの俺w
(ちなみにコピペの際に「障害者」→「障がい者」にリプレースしてありますw)

※追記:原稿のテキストファイルにはタイトル「アマデウス」って付いてたw
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。