スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災のこと

震災から3年と言うことで、個人としては大きな被害には合わなかったんだけど、ちょっと書いてみる。

我が家は宮城県多賀城市で、市内では津波被害も発生し死者も出たが、幸いな事に我が家にまでは津波も到達せず、家族も無事だった。
妻は仙台新港で仕事をしていたが、地震を受けて即座に子どもたちを迎えに行くことを決断。
波打つ地面を車で走り、小学校に居た次女、受験を終えた休みで祖母と一緒に居た長女を回収し、さらに近所に居た姪っ子たちも車に載せ、定員オーバーながら高台へ避難してくれた。
妻のこの即断がなければ家族はどうなっていたかわからない。
事実、妻の会社周りは津波が直撃し、10分~20分も判断を保留していたら、子供たちが妻と合うこともなかった。一刻も早い避難が生死を分けると痛感した。

その頃俺はと言えば、避難指示に従い着の身着のままで仕事先の福島県庁前の公園に集まり、雪の降る中「サンダルに上着もないと寒くて死にそうっすwww家族に連絡繋がらないwww」と愚痴っていた。
避難時は慌てず急いで、出来る限り身の回りのものを持って出るのが正解だと思う。

しばらくして家族ともメールで連絡が取れ、無事を確認。
しかしケータイは通じないので、仕事中の父、入院中の母とは連絡が取れなかった。
メールやLINEなど、データ通信による安否確認は大変有効だと思う。

2日後に仕事を終えて福島市から仙台へタクシーで帰宅。
こんな状況でもカードは使えた。
早朝に家族と再会し、そこから1ヶ月半、ライフライン回復まで不安を抱えたままの生活になった。

この時意外にも役に立ったのは、冗談で買った手回し式ケータイ充電器だった。
そもそもケータイの電波(docomo)はほとんど通じないんだけど、何かの拍子にちょっと通じることは有り、そんな時はTwitterなどのソーシャルメディアで「給水所」「食料などの臨時販売」「ガソリン・灯油販売」「床屋での洗髪」などの情報を仕入れることも出来たし、知人の安否確認も出来た。
ラジオは無かったが、充電できたお陰でワンセグのテレビが見れたのも大きい。

暖房は石油ストーブと買い置きの灯油。
灯油はウチのような所だと1~2缶しか買い置きしていないと思うが、ある程度年をとった家だと、巡回販売から4~5缶まとめ買いしてるようで、これは助かった。
電気のないところでも使える石油ストーブは1つ、物置においておきたい。

石油ストーブでちょっとした足元灯くらいの明るさはあるが、常につけておくわけにもいかないし、やはりロウソクや(手回し式や電池式も含めて)ランタンは常備したい。
実家には仏壇があるので、ロウソクも備蓄してあって助かった。
牛乳パックトーチも思ったより明るかったが、やっぱりロウソクの方がいい。

近所の情報は、やはり市役所などで集めるのが良かった。
我が家からも妻の実家からも結構距離はあったが、自転車があると結構市内全部明るいうちに行き来できる。
支援物資や水の配給など、荷台のついた自転車があると非常に助かった。
まぁ我が家は食べ物の備蓄や衣類などは自前で用意出来たので、支援物資はいただかなかったが、水を運ぶのに自転車やキャリーカートが無かったらと思うとゾッとする。
車はガソリンが手に入らないので、いざという時のために温存していた。

それから、大事だと思ったのは常備薬。
絆創膏から消毒薬、総合感冒薬や痛み止め、時期だったら花粉症などの薬、あと持病の薬。
置き薬は普段は無駄に思えるけど、こういう時にあるとすごく助かる。
ちょうど花粉症の季節だったので、俺と娘は目が真っ赤、目の周り真っ黒、鼻の周りボロボロで半月くらい我慢してた。

電気がないから掃除機や洗濯機も使えない。
そもそも水がないから洗濯は諦めて、下着だけ全員の顔を洗った(と言ってもタオル絞って顔を拭くだけ)りした洗面器一杯の残り水で手洗い。
週に1~2回固く絞ったタオルで体を拭くだけの風呂。
掃除はほうきと雑巾がけ。
雑巾がけの水は洗濯後の洗面器の水w
ほうきが無かったら俺の喘息もっと酷くなってたかも。

この緊急生活中、なんだかんだで現金10~20万円は使ったと思う。
食べ物や水分に「高い安い」なんて言ってられないし、次にいつ手に入るかも分からないから買ってしまう。
子供に我慢をする生活を強いていると言う罪悪感から、手に入るならチョコレートやスナック菓子も買ってしまう。
ある程度の現金は手元にあったほうが安心だと思う。

あると助かる、助かったものは色々あるが、それぞれ想像力を働かせて準備しといたほうがいいと思う。
結局使わなかったねで済めばそれに越したことはないんだから。

実体験、色んな所から情報が出れば、判断の材料になると思うので、一応拙い文章ではあるが書き留めておく。

二度とこんな災害が起こらず、この情報が役に立たないことを祈って。
スポンサーサイト

ゾルピデム、ブロチゾラム

長期の出張でかかりつけ医に薬をもらうことが出来ず、代わりになる市販薬とか無いかなーと、軽い気持ちでググったら結構洒落にならなかったので、2年半ほど毎日飲んでる導眠剤(睡眠薬)の話を。


前から睡眠時間が短く、深夜2時~3時に寝て朝6時に起床する生活を10年ほど続けていた。
昼休みや通勤バスでの仮眠や、休日の7~8時間の寝溜めでのせいもあり、喘息の発作で朝目が覚めてしまう時やアレルギーで鼻が詰まってる時以外は大げさに睡眠不足を感じることもなかった。

しかし震災後、自宅に戻り仕事にも復帰し、やっと普通の生活らしきものが始まった5月辺りから事情が変わってきた。

2時~3時頃には眠くなり布団に入るとすぐ眠り、目覚まし時計がなるまで熟睡できていたのが、布団に入っても胸がドキドキして眠いのになかなか眠れず、睡眠中にも1時間おきに目が覚めてしまう。
昼休みなどの仮眠自体は今までどおり眠れたが、起きてからボーっとして10分~15分ほど頭がまわらない。
土日の寝溜めも出来ず、夜中に1時間おきに目が覚め、朝も7時前には完全に眠れなくなってしまった。

我慢して生活を続けていたが、7月の初旬に喘息の診察を受けた際、思い切って相談してみた。
睡眠時間短すぎだと驚いた医師が「23時頃には布団に入る事」と前置きした上で処方したのがマイスリー。
生まれて初めての導眠剤。
これはかなり劇的な体験だった。

師の勧めで0時前には寝ることにし、23時頃に薬を飲んで布団に入りゴロゴロしていると1時間前後で意識がフッと無くなり4時頃まで眠れた。
ただ、4時、5時、6時ちょっと前(6時には起きるのだけど、その10分~15分前とかの微妙な時間)に目が覚めてしまう。
次の診察の際「だいぶ良くなりました」と上記の報告をすると、ブロチゾラム(レンドルミンのジェネリック)も追加で処方される。
これも飲むことで、5時過ぎまで眠り、1~2度は目を覚ましてしまうことは多いものの、後は目覚ましまでちゃんと眠れるようになった。

処方後1年を過ぎた頃から「そろそろ治ってるんじゃないか?」「このまま続けてたら依存症とか副作用が出るんじゃないか?」と心配になり、金曜の夜などに薬を飲まずに寝てみる事を何度かやってみた。

結果、眠るときの鼓動は大きくなり頭のなかに大音響で鳴り響くので全く入眠出来ず。
朝4時頃にやっと眠れたが、20~30分周期で寝たり起きたりを繰り返し、7時には完全に眠れなくなってしまった。

らかに以前よりひどくなってるので医師に相談してみるが「依存・副作用ともにほとんど問題のない薬だし、薬飲んで眠れるなら飲んどけばいいじゃん。気に病むのが一番良くない。」と言うことで続ける事になった。
その後、調剤薬局の薬剤師に「結構長く続けてますね、その後どうですか?」と聞かれ、同じように相談すると「一気に全部やめるのじゃなく、まずは半分にするとか1種類だけにするとか、その辺から始めたらどうですか?」と言うアドバイスをもらった。
「なるほどそういう手がありましたか」などと聞いてはいたものの、薬無しで眠るテストをした時の不安感やイライラに対する恐怖と、妻の仕事が忙しくなり、休日とは言え子どもたちの面倒を見たり家事炊事などをする必要があったので実行はしていなかった。
しかし最近は長期出張で休日も一人で居るし、掃除や洗濯なども一人分でかなり楽なので、週末に半分実験をすることにした。
とは言っても錠剤を半分に割るのは面倒なので、2つ処方されている薬を1個ずつ飲むようにするだけのテスト。

結果として、半分でも次の日に行動不能になるような状況は回避できる事が判明したので、仕事のある平日は処方通りに飲み、休日は半分にする方向で今は落ち着いている。
このまま少しずつ量を減らしていければと思う。


で、半分実験で判明したそれぞれの薬の(俺に対する)効果を下に書いておく。
特にマイスリーは個人差が大きいそうなので、参考程度に。
ゾルピデム、ブロチゾラム

ゾルピデム(マイスリー)

イミダゾピリジン系(非ベンゾジアゼピン系)、超短期型、依存・副作用とも少ない。

寝付きは早い。大体1時間~1時間半できっちり落ちる。ドキドキ感やザワザワ感も無くなる。
ただし、本人は落ちたつもりでも実は起きてて(もしくは中途覚醒して)ネットに書き込んだりお菓子やアイス食ったりする事が多々ある。(アイス3~4本食ってた時はビビった)
特にビール併用しちゃった時とかひどい。(アルコールはダメですと医師に言われてる)
しかもその事に対する記憶が全く無い。
一過性前向性健忘と言うらしい。
意識のあるうちにPCとかスマホとか全部きっちり落として寝る態勢を作ることが大事だと思う。

3時間ほどはバッチリ寝てるとは思うが、その後は1時間に1回くらい目が醒めることが多い。
ただし、薬を飲んでいない時より再入眠までの時間が短いのでそこそこ楽。

起床後は「眠い~」と言う感覚はすぐに無くなり、割とスッキリ。

ブロチゾラム(レンドルミン)

チエノジアゼピン系(ベンゾジアゼピン系)、短時間型、依存・副作用とも少ない。

寝付きはまぁまぁ良い。1時間過ぎた辺りで眠くなり、少しずつドキドキ感やザワザワ感も無くなっていき、その後30分~1時間30分くらいで自然な感じの入眠ができる。

ビール併用しちゃった時とか(何度も書くがアルコールはダメですと医師に言われてる)ほんのちょっと記憶が飛ぶことがあるが、飛んでる期間も短いし、そんなに変なこともしてない。(ゲームがちょっと進んでたりする程度w)

夢を多く見るので眠りは浅いのかもしれないが、早朝まで長く眠れる。
その早朝の中途覚醒も5時や6時ころに一度目を覚ましてしまうが、割とすぐ再入眠出来、何度も起きることは無い。(今は7時起床)

起床後は30分以上眠いのが続くが、行動不能な程ではない。
長く眠れてるはずなのに眠気が続くのは、やっぱり眠りが浅いからじゃないかなと思う。

当然ながらここに書いた薬をおススメしている訳ではない。
これらの薬は長期や大量の服用をした場合、離脱症が起こる可能性があるので、くれぐれも医師の処方を守り正しく使用してほしい。
たぶん俺の不眠の症状が薬を飲まないと悪化していたのも、リバウンド不眠とかリバウンド不安ってやつのような気がするので、やっぱり普通に飲んでても副作用とか依存とか、無いわけではないと思う。
認知症とか精神障害のリスクも高めるらしいから洒落にならない。
「安全な薬」と言われているけど「薬効だけ有って副作用が全然無い薬など存在しない」し、脳へ作用する薬だから飲まないに越したことはないので。

ただ、俺と同じような症状で困っていても、持病で通院とかしてない人だと医師に相談ってのもなかなか出来ないかもしれないし、薬でなんとかなるとも思ってないかもしれない。
そういう人が病院でちょっと相談してみようかなっていうキッカケにでもなれば。
ベンゾジアゼピンの長期的影響
ベンゾジアゼピン離脱症候群

theme : 薬・医者・病院等
genre : 心と身体

法律上の年齢計算

仕事上で年齢を計算するプログラムをチェックしていたら、うるう年関連のところのバグ改修コメントに「え?」と思う記述があり、法令上どういう扱いなのか調べたら結構面白かったのでまとめてみる。


「民法上、誕生日の前日に年をとる」

まず大前提として、「年齢計算ニ関スル法律」と言う非常に短い民法の付帯法で以下のように定められている。

・年齢は出生の日より之を起算す
・民法第143条の規定は年齢の計算に之を準用す
・明治6年第36号布告は之を廃止す
(以上、全文w)

普通一般の法律ではだいたい初日を省き翌日を起算日とする事が多く、これはかなり珍しい。
さらに「民法第143条」では前日に年齢は満了し、その満了する時刻は午後12時となっている。
つまり、民法上年齢は前日の午後12時に1歳加算されるということだ。


「2月29日生まれはいつ年をとるのか」

そこで、うるう年のうるう日が誕生日の人の計算の話になる。
よく「2月29日生まれだから4年に1回しか年取らねぇw」みたいなネタを聞くことがあるが、当然法律上そんな事はありえず、2/29の前日2/28午後12時をもって毎年粛々と年をとる事になる。

「2/29生まれの人は2/28か3/1の好きな方を誕生日にできる」とか「親の誕生日や1月1日など、自由に誕生日を決められる」と言う噂もあったがそんな事はなく、公的証明書の誕生日はそのまま2/29表記となり、年齢は2/28の午後12時に加算される。
まぁ誕生会は3/1に行うのがスジということになるだろうか。


ただ、上記の年齢基準は基準として月度、年度などで管理している場合、例えば4/1生まれの人の場合、民法上3/31に年をとる訳だが、4月度の処理となる。
当然年度管理している場合は4月から始まる新しい年度の処理となる。
この処理については、各法律によって色々細かく決まっているようだ。


「なぜ4月1日ではなく4月2日生まれからが新しい学年なのか」

ここで、うちの次女(3/31生まれ、予定日4/3)の話になる。
学年は4/2生まれからが次の学年となるらしく、特に小学校低学年位までは成長差による体力的な差が大きいだろうと「なんとか4/2まで生まれてこないでくれ〜」と家族親族一同で祈ったのだが如何ともし難く3/31に生まれてしまった。

で、4/1生まれからが次の学年なるならともかく、なぜ4/2なのか。

学校教育法に「保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから(中略)就学させる義務を負う。」と言う一文がある。
そして学年は4/1〜翌年3/31と決められている。

つまり、4/1生まれは3/31で満6歳になり、その翌日(4/1)以降の学年の初めは3/31生まれ以前の人たちと同じになる。
しかし、4/2生まれは4/1で満6歳になるため、その翌日(4/2)以降の学年の初めは翌年になってしまうのだ。

またどうしてこんなにややこしい日付にしてあるのか、わざと面倒にしてるんじゃないかと疑ってしまいたくなるが、まぁ一応は筋道立てた説明はできるので良しとしよう。

NHK受信料

NHK受信料について、「受信容認派≒NHK親派」と俺らのような「否定派」の会話はだいたい以下の様なテンプレがある。


容認派「国の放送で、視聴率とか取れない番組(政見放送とか国会中継とか)もあえて流すんだから、見る人が負担すべき」
否定派「うん、見るものが負担すべき。受益者負担ってやつだね。だから見てない人からは取らないべき。」
容認派「いや、NHKは緊急放送施設としての側面もあるから、そのためには危険にあうかもしれない人全員で支えるべき」
否定派「いや、他の放送局だって自立して経営やってるのに何甘いこと言ってんの?そもそもNHK職員役員の給料高すぎ。下げればだいたい解決するんじゃね?」
容認派「日本の他の放送局と比べて極端に高いわけではない。それじゃあだれも働かなくなる」
否定派「いや、国家公務員なんだから地方公務員レベルの給料でいいでしょ」
容認派「それじゃあ面白い番組が作れなくなる。見る人が少なくなるよ」
否定派「面白くない番組で全く問題ないってか、まさにそのための受信料制度だよね?面白い番組作れるなら、見てるか見てないかわからない人からじゃなく、スポンサーから取れよ」
容認派「スポンサーがつくとスポンサー絡みで正しい報道ができなくなる」
否定派「じゃあやっぱりスクランブルかけて、見た人が見たぶんお金払うのが一番じゃないか」

肯定派「スクランブルかけてあると、いざという時の情報に困るでしょ」
否定派「いや緊急事態ならスクランブル外せよw」
肯定派「それだと普段お金払ってる人に不公平感が出るでしょ」
否定派「緊急時にみんな見れて文句言う人がいるのか・・・普段見てないのにお金取られるよりは自然だし受け入れられるよ」

だいだいこのへんでループするか、キレて(お前とじゃ話にならね―)的な上から目線で話が終わる。


うん、もちろんオレは否定派な訳だけど、論破してくれる人居ないんだよな・・・

あと「スクランブルかけたら誰も見ねー」の根拠になってるNHKオンデマンド。
海外のTV放送局のネット放送サービスが数百万アクセス受けてて盛況なのに、NHKオンデマンドは月60万アクセス程度でペイしないとか。

コレはあれだね、1本見るのに300円とかふざけた価格設定してんじゃねーよって話。
なんだよ録画再放送のデジタルソースをネットワークという既存の放送に流してその単価。
再放送のやすそうな奴は見放題で千円、面白そうな奴は見放題で千円、その他金になりそうなのは1本100円~。
こっちを全部千円で見放題とかにしたほうが契約者爆発的に増えてビジネス的にペイするんじゃね?紅白とかPPVにしたら儲かりそうじゃん?

見たい人が見たいものに対価を払う。

この単純な方式にならない意味がわからない。
NHK職員全解雇してスカパーとかWOWOWとかから経営者引っこ抜いて来いよ全く。

そして地上はゴールデンに総合格闘技の試合をPPVで流してくれ!見るぞー!(←結局コレ)

theme : 経済・社会
genre : ニュース

年賀状

謹賀新年


あけましておめでとうございます。

更新も滞っていますが、今年もよろしくお願い致します。

2013年元旦

theme : 新年のご挨拶。
genre : 日記

カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。