スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作りかけの小説(10年以上前のもの)のプロローグ

10年以上前に書きかけて途中で終わってる「小説になるはずだったものの残骸」
128MBのMOから出てきたから載せてみる。


人はなぜ死ぬのか。
細胞が老化し分裂を行えなくなり、死んでゆく。

しかし体内に注入された自己修復可能なナノマシーンによるテロメアの再生すら可能になった今、栄養さえ摂取し続ければ、人はほぼ無限に、健康に生き続けることができるようになった。
その栄養もしかり。
遺伝子操作された穀物が無尽蔵に生産され、それを元に作られる人工的な肉、魚、野菜・・・のような物で作られた様々な料理が作り出され、食べられ、あるいは廃棄される。
必要なエネルギーは高性能化した太陽光パネルから有り余るほど供給される。

世界には今、中流階級が存在しなかった。
と言っても想像するような格差社会ではない。

労働力の殆どは機械が担う。
社会福祉制度が充実し、また衣食住に必要な原価・エネルギーが驚くほどに低くなり、病気や怪我もほとんど自動でナノマシーンが修復してくれるようになったため、働くこともせずに毎日好きなものを食べ、飲み、遊んで暮らす下層階級と、そんな生活が保証されていてもなお、金や権力、名声を求めて働き、研究し、サービスを行う上流階級のみが存在するのだ。

人口は非常に低レベルで安定している。
健康にも生活にも未来にも何の不安もなくなった人類は、自己複製という生物の根源的欲求も忘れてしまったかのようだ。

そんな世界でもスポーツを行い、世界一を目指す人間は居た。
パラリンピックの記録がオリンピックの記録をすべて塗り替えてから、もう半世紀は経つだろうか。
今の世界にも障がい者は居る。
何か不測の事態に直面し、あるいは自ら進んで危険な行為に挑み、自動修復が不可能なほどの損傷を体の一部に負ったものは、失った部分を人工の筋肉や臓器で補う。
その人工の肉体が、健常者の肉体よりも不必要なほどに高性能なのだ。
ある時を境に、パラリンピックは人工臓器の技術開発競争の場になった。

そこに彼女が現れた。
不幸な事故により生まれてすぐに死に直面し、脳の一部以外を全て人工臓器に交換された子供。
赤ん坊の脳で多量の人工臓器を制御することを可能にするために、その脳にすらアクセラレータが取り付けられている。
18歳になり、アクセラレータ無しでも人工臓器を制御できるようになった今も、アクセラレータは脳の処理機能を高速化させ続けていた。


ブレードランナーとかぽい世界観だけど、平民が幸せそうで事件が起こりそうにないw
一応倫理と闘いながら18歳の「障がい者」である少女が巨大企業の暗部と戦っていく話を書きたかったらしいが、舞台装置の作りがダメだろwアラサーの俺w
(ちなみにコピペの際に「障害者」→「障がい者」にリプレースしてありますw)

※追記:原稿のテキストファイルにはタイトル「アマデウス」って付いてたw
スポンサーサイト

もうひとりいる

昨日実家(塩竈神社のすぐそば)に行った時、娘とばあちゃん達を連れてイオン利府に行ってきた。

その話を帰宅後に妻にした時のこと。


俺「・・・で、珍しくじいちゃんも一緒に行く事になったんだよ。ちよ(娘)に『一緒に行こう!』って誘われたら断れなかったみたいでさ」

妻「へ~、で軽自動車にフル乗車で行ったの?良く乗ったね」

俺「いやいや、軽自動車に5人乗れないじゃん。じいちゃんの車を俺が運転していったよ」

妻「5人?なんで5人?」

俺「え?俺でしょ。ちよでしょ。じいちゃんと。ばあちゃん。・・・あれ?」

妻「・・・ボケたの?」

俺「いや、実家でも『パパの車は4人乗りだからじいちゃんは行けないよ』『んだな』『じゃあじいちゃんの車で行こうよ』って話したよ?あれ?」

妻「なにそれ~、何か見えない誰か居たんじゃないの~。だめだよもうお盆も過ぎてるのに~」

俺「うわぁ~なんだそれ怖ぁ」


この会話をする1時間ほど前に実家へ親を送り届けた時には確かに4人しか居なかった。
買い物とか飲み物飲んだりとかしてたのも4人。

じゃあ何で「5人だから軽自動車には乗れない」なんて話になったんだ・・・?




で、今さっき思い出した。
実家には上の娘も一緒に行ったんだった。

ここで新たな疑問が湧き上がる。
じゃあ、上の娘は何処に行ってしまったのか・・・?





上の娘は友だちと映画を見に行くというので、イオンに行く前にMOVIXで下ろして、そのまま買い物とかを4人でしてきた。
やっぱ俺がただボケてただけだったのか・・・。

5.25インチ レトロディスクノートブック

5.25インチ レトロディスクノートブック
今時の若いもんは知らないだろうが、俺がパソコンで一番最初にさわったフロッピーディスクは5インチ(5.25インチ)だった。
高校の合格祝いに買ってもらったPC-9801互換機、EPSON PC-286VFでさわったフロッピーディスクのスピードと記憶容量は衝撃的だったなぁ。
何しろそれまで使ってたのはMSXやファミリーベーシックで使ってたデータレコーダーでぴ~ひょろ書きこんだり、読み込み専用だとROMカートリッジで64KBとかそんなのだったから。
1.2MBとと言う大容量をサクサク読み書き出来る5インチFDはその後4~5年付き合うことになった。
5.25インチ レトロディスクノートブック
そんな5インチFDがノートとして復活。
デザイン雑貨のfu-biと言う所から1380円で発売されたらしい。
罫線なしの無地ノートで60枚だそうだ。

これは欲しい!!!

・・・けど、物置のダンボールに入ってる5インチFDで自作してみるってのもアリかな・・・?

theme : 最近気になったニュース
genre : コンピュータ

au Wi-Fi SPOT公式サイトで「iOS搭載タブレット(近日公開予定)」

iPad3
au Wi-Fi SPOT公式サイトの利用方法のページ「iOS搭載タブレット(近日公開予定)」と言う文字が。

これは3月7日(日本時間では3月8日)に、サンフランシスコのYerba Buena Center for the Artsで発表イベントが行われると言う次期iPadなのか・・・?
iPad 3だとかiPad HDだとか色々と噂はあるようだけど。

しかしauはiPhoneの時もAppleの発表前に情報漏洩しちゃってたけど、またこんな事やってappleに怒られちゃうんじゃないの?
今auからappleが手を引いたら潰れるぞau。
ソフバンに900MHz帯も持って行かれちゃったし、「auよりSBの方がつながる!しかもiOS製品もSBだけ!」とかなったら息の根止まるマジで。
iPad3

theme : iPad
genre : コンピュータ

ブラジル、マラニョン州の小さな村に落ちてきた金属の球

2月24日の週の水曜日、と言うことは22日?
ブラジル北部のマラニョン州にある小さな村に、直径1m、重さ約50kgと言う金属製のボールが落ちてきたという。

幸いにもボールは誰にもぶつからず地面に落ちたが、ホセ・メンデスさんの家の庭には直径3~4m深さ1m程の大穴が開いていたという。

たちまち「スペースボール襲来」の噂は広がり、近隣の村から2000人もの見物客が訪れたそうだ。
ブラジル国立宇宙研究所(INPE)の気象学者ピーター・コスタ氏によると「これは気象観測用の気球やその一部ではないことは断言できます。たぶん人工衛星の一部でしょう」とのこと。

この物体は即座にブラジル軍警察によって回収され、調査されるらしい。

theme : UFO
genre : サブカル

カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。