スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AFCアジアカップ 日本×シリア

PK
超眠い中、全部見た。
「AFCアジアカップ2011グループステージ 日本×シリア」

前半、縦に長いボールをサイドの深い位置へ流し込む戦術で、前回の試合より良い形を何度も作れていた。
しかし、中へ絞る段階で細かいパスを前後に繋ぐことでフィニッシュまで時間がかかり、結局はゴールに結びつかない事が多く、個人的にはスゴくストレスが溜まる展開だった。

今回もFW前田がブレーキさんで、どフリーを外しまくるのでストレス倍増計画発動中な感じ。
内田のフィードやパスミスもなかなかのもんですよ。

それでも先制出来たのは、高い位置でボールをさばき、ワンタッチでのテンポの速い攻撃をした本田と、正確なロングフィードで縦横無尽に広くフィールドを使った遠藤のおかげだろう。

1-0で後半に入ると、シリアのプレッシャーが強まり、だんだんと自陣でボールを扱わざるをえない時間帯が増えてきた日本。
そんな時間帯こそ相手陣内でボールを回さなければならないのに、一番やっちゃいけないリード時のプレーをやってた。
不用意なバックパス(今野は触ってないと言ってたが)に詰められ、相手選手と交錯する形でボールを掴んだGK川島に一発レッド。これがPKになり追いつかれた。

同点になり、一人少ない状況。
日本ピンチと思いきや、ここからの方が良いサッカーをする日本。
特に岡崎と本田の気迫あふれるプレーは良かった。
90分運動量の落ちない本田はやっぱエースなのかな。
岡崎の強引なプレーは、今の妙にテクニカルになった日本代表には必要な選手だと思う。
少なくとも前田より何倍も得点の香りがした。

その岡崎がPKをもらい、本田が運良くGKの足の間を抜いたゴールで逆転。
主審の笛の質とか含めてグダグダだったが、結果オーライ。
首位突破に望みをつないだ。

次は17日(月)22時15分。
グループリーグ敗退の決まっているサウジとの対戦。
次も勝って気持よく本戦へと進んで欲しい。
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

AFCアジアカップ 日本×ヨルダン

AFCアジアカップ 日本×ヨルダン
関口が居なかったけど、関口のおかげで興味が復活した日本代表戦。
「AFCアジアカップ2011グループステージ 日本×ヨルダン」を見た。

結果的にはドローで勝ち点1。
前半にガチャのやっちゃいけない軽いスライディングをかわされ、吉田麻也の足に当たってコースが変わるというアンラッキーもあったものの、やっちゃいけない失点。
ヨルダンの選手が前線から鬼プレスしてきたってのはあったけど、これはイカン。

後半、1点ビハインドの状況で、相手が引いてきたのが逆に功を奏し、ボールを自由に持ち攻撃し放題になった。
でも何度か決定的チャンスを作れただけで、点には結びつかなかった。
何とかセットプレーからパワープレーで上がってた吉田麻也が得点を決めてドローには持ち込んだものの、決して褒められる試合ではない。

内田と前田がダメだったなぁ。
吉田麻也も最初の方の守備と、パワープレーでの得点は良かったけど、後半のパスミスはミスターレベル。
でもまぁいい選手だ。

香川も途中からパスが合わなくなってたし、SBのクロスはワロスだし、大幅な修正がないとアジアカップグループステージ突破すら難しいと言わざるをえない。
頑張ってくれザックジャパン。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

流石はキングです。

キングカズこと横浜FCのFW三浦知良(43)に、ブラジルから続々とオファーが来ているらしい。

まずは、カズがブラジルでプロのスタートを切ったサンパウロ州3部キンゼ・デ・ジャウー。
次に同2部ウニオン・サンジョアン。
さらには同1部のジュベントスからまでオファーがあるというのだから驚きだ。

まぁ1部とは言っても「サンパウロ州1部」な訳で、ブラジルの全国リーグ、カンピオナート・ブラジレイロで言うとセリエCのチームではあるのだが。

それでも40過ぎの日本人選手に、ブラジルからオファーがあるってのはスゴイ。

カズって実は日本国内よりサンパウロ州での人気のほうがスゴイんだそうだ。
伊達にキングじゃねぇな!

theme : サッカー
genre : スポーツ

ガイナーレ鳥取JFL優勝おめでとう!

ガイナーレ鳥取JFL優勝
2010 JFL後期第12節。
どらドラパーク米子陸上競技場で栃木ウーヴァFCとの試合を2-1で制したガイナーレ鳥取はJFL優勝を決めた。
5節を残しての優勝決定はJFL記録だそうだ。

このガイナーレ鳥取と言うチーム、元仙台のGK小針清允が所属している。
栃木FCに引き続きJFLからJ2への昇格の立役者となったわけだが、やっぱ何か持ってるのかね。
今度はJ2でも主力として活躍して、J1での対戦ができるといいな。

あ、あと鳥取には服部年宏や野人・岡野雅行など、往年の名選手が現役として所属している。
こう言うのも古いサッカーファンとしてはタマランものがある。

J2は甘いリーグではないので簡単にJ1と言う訳にはいかないだろうが、小針にはガンバッテ欲しい。
頑張れ小針!おめでとう小針!

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

ガーフォース・タウンの経営戦略に思う

イングランド8部相当のサッカーチーム、ガーフォース・タウンAFCの監督に「悪童」ガスコインが就任するというので、また話題になっている。
このガーフォース・タウンと言うチームは、以前もソクラテスとかカレカが引退後に数試合だけ復帰したことでも有名。

チーム強化につながらない、単なる客寄せだと言う批判もあるが、個人的にある程度のディビジョンまでならこの戦略はアリだと思う。

例えばJリーグ入りを狙う地域リーグや都道府県リーグのチームが、知名度のアップ、メディア露出回数のアップを狙い、そこからスポンサー収入や入場料収入が増えれば、結果としてチーム強化にも繋がるんではないかと思う訳だ。
以前から日本・海外の元有名選手を監督名目で引っ張ってくる事は何度かあった。
琉球とか郡山とか。
でもやっぱり監督は監督な訳で、試合になっても「その人が見れる」だけで、コアなファン以外に話題が続くものでもないようだ。
やっぱり往年の銘選手のプレーが実際に見れないと、そこまでの集客力はないように思える。
さすがに40代後半を超えた元選手とかでは「戦力」としての期待はできないが、例えばバッジョとかジダンとかが1試合だけでもプレーするとしたら見たいし、ものすごく期待しちゃうでしょ?
まぁそこまでの選手は無理だろうけど、そうじゃなくても「あの元ブラジル代表が!」とか、例えばうちのアンバサダーみたいに現役復帰したい人や、ノリでやってくれそうで固定ファンが居る元代表クラスの小倉や前園なんか登録されてるだけでもワクワクする。
流石にワッキーとか水嶋ヒロとかの芸能人まで行くとやりすぎという感じもするけど、方向性としては無くもない。
TV番組とのタイアップだって、やれることはやったらいい。
ウサイン・ボルトとか登録されてたらTV局がほっとかないと思うしw

まぁ実際はウィンドウとかの関係でスポット契約というわけにもいかないから難しいとは思う。
とりあえず事前に話だけ通してもらって、とりあえずのアマチュア契約なり何なりだけしておけばいいような気もするが・・・。

とにかく、下のレベルからJを盛り上げて欲しい。
それにはガーフォース・タウンのやり方だってアリなんじゃないかと思う。

ただ単純に俺がいろんな選手のプレーを見たいだけではない。絶対w

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。