スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEATH NOTE the Last Name

DEATH NOTE the Last NameDEATH NOTEの後編、「DEATH NOTE the Last Name」を見た。

ストーリー
夜神月(やがみらいと・藤原竜也)はキラ対策本部に加わる事に成功。そしてついに月とL(える・松山ケンイチ)、2人が対峙した壮絶な頭脳戦が始まった。
一方、月もリューク(声:中村獅童)も知らない所で、もう1匹の死神レム(声:池畑慎之介)によりデスノートを手にした弥海砂(あまねみさ・戸田恵梨香)は、顔を見ただけで相手の名前と寿命が見える「死神の目」を持ち、TV局を利用して「第2のキラ」を名乗りキラを否定するものを殺してゆく。
2冊のデスノート、2人のキラ、物語は一気に結末へと加速する。


前編を見てちょっとがっかりしていたので、ある程度覚悟して後編を見たのだが、結構いい意味で裏切られた感じ。
ヨツバ編とニア&メロ編の物語がすっぱり無くなり、そのエピソードの一部が第2のキラ事件に融合、2時間半にまとめて原作と大きく違ったラストを作ったにしては、スッキリしていて納得できて、どんでん返しと整合性もあって良い出来だったと思う。
前編のアレなストーリーを考えるともう珠玉。奇跡の出来。

いや他の映画と比べてじゃなくて、あくまでも前編と比べて

前編は細かい設定的に原作と相違点はあるものの、ストーリーの根幹にかかわる大きな相違は無いので、原作読んでると展開はわかる。
大きな問題無く原作の映画化をこなそうとした感じの作りで、またそれが出来てなかったから残念な作品になっちゃってた訳だけれども、後編は違った。
話の展開的には大筋で予想通りというか、原作の読者には予定調和の話なんだけど、話の持って行き方やその理論は、デスノートというガジェットを上手く使ったオリジナルで、それがなかなか良く出来ていると感じた。

オチの部分なんか「あぁやっぱり・・・でもどうやって?」と原作読んでるのに結構な驚きをくれた。で、タネ明かしをされて納得。う~ん、やられた。

普通の邦画レベルには楽しめた作品と言うことにしておこう。
もちろん、前編とコミックスの知識は踏まえた上での評価だが。
なかなか面白い映画だった。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。