スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第44節 vsモンテディオ山形

Jリーグディビジョン2 第44節
2007年10月10日(水) 19:04 キックオフ  ユアテックスタジアム仙台

ベガルタ仙台
10 前半 0
1 後半 1
1モンテディオ山形
モンテディオ山形

>>公式記録
主審:新人・飯田淳平 副審:伊東知哉/蒲澤淳一

今回の主審は、今シーズンからJリーグ担当主審になったばかりで、公式戦も殆んど経験の無いJFL・サテライトレベルの主審・飯田。
前半から判断基準が不安定な判定が続き、この主審も下手くそだな~とは思っていたのだが、まさか最後の最後、あんなストーリーを用意していようとは思わなかった。

後半7分に岡山の移籍後初ゴールで先制し、最少得点差ながら勝利が目前まで迫った後半ロスタイム。
仙台ゴール前で山形MF10財前のふわっとしたクロスを蹴り返した後の木谷の足へ向かって、山形FW9横山が突っ込んで来た。
そのまま木谷と接触して転がる横山

これを見た飯田は、なんとPKの判定を下したのだ。

ありえない・・・。ベガサポの俺から見たら、勝手に突っ込んできて頭を抱えて転がった横山のシミュレーション。
100歩譲ってノーファール。
1,000歩譲って木谷の足が高く上がったと言う事で間接フリーキックと言った所。
どう考えてもPKはありえないだろう。
ちなみに、PKを与えてしまうような危険なプレーをしたはずの木谷に出されたイエローカードの理由はC3:異議。意味わかんね~よ。

結局試合はこのPKを財前が落ち着いて決めて1-1のドロー。

上位陣がもたついていただけに、是非とも欲しい勝ち点3を失った事になる。
だが、まだ昇格はもちろん優勝の可能性も消えた訳ではない。
木谷も気持ちを切り替えて次の試合に臨んで欲しい。
スポンサーサイト

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

WBC世界フライ級タイトルマッチ

WBC世界フライ級チャンピオン内藤大助(33)と同14位の亀田大毅(18)の12回戦が行われた。

結果は予想通り内藤の圧勝。
予想外だったのはジャッジのスコアがマトモだった事。
残念だったのはK.O.で亀田を倒せなかった事かな。

亀田の最年少記録のために、調整期間が3ヶ月と短かった内藤は動きがやや硬く、中盤以降、亀田のバッティングや投げやローブロー、後頭部への打撃、転がった後グランドでのパンチなどなどの反則に熱くなりすぎたきらいはあったが、まぁあんなもんかと。

内藤にはもうちょっとちゃんとボクシングして欲しかった。

最終ラウンドには、勝てないことを悟った亀田が裏投げとかDDTとか仕掛けてきて、もうボクシングじゃない惨状になってた。
何だアレ?亀田はボクシング界追放の方向でお願いしたい。
世界に向けてあんな物をお見せするのは国辱モノだ。
亀田兄弟には大阪プロレスへの移籍をお勧めする。

内藤も、こんなお笑い芸人との茶番に付き合うのはこれっきりにして、今後はボクサーとボクシングの試合を行って欲しい。

theme : ボクシング
genre : スポーツ

カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。