スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBCが亀田の処分を検討

昨日(11日)に行われたWBC世界フライ級タイトルマッチでの故意の悪質な反則行為について、JBC(日本ボクシングコミッション)は15日に倫理委員会を開くなどして、厳重な処分を下す事を決めた。

処分の対象は以下の通り。
  • 反則を行った選手。亀田大毅
  • 反則を指示したセコンド。亀田史郎
  • 反則を指示したセコンド。亀田興毅
  • 所属ジム会長。金平桂一郎

で、処分の内容なんだけど、当事者である亀田大毅(18)=協栄=には、「故意の反則などはファイトマネーの没収などの処罰が下される可能性がある」(安河内剛JBC事務局長)との事。
問題になるは「故意に行われた反則か」と「その反則が内藤大助(33)=宮田=WBC世界フライ級チャンピオンの選手生命に係る影響があったか」だそうだ。

エクスプロイダーまぁ故意かどうかと言ったら故意だろう。偶然とか無意識にエクスプロイダーを仕掛ける人間など居ないし。
選手生命に係るかと言えば、プロレスの受身など練習した事も無いであろう人間にプロレス技をかけたら選手生命どころか生命にも係るのは自明。
市中引き回しの上磔獄門・・・じゃなくて、ファイトマネー没収の上ライセンス無期限停止かライセンス剥奪あたりが妥当ではないかと思う。

セコンドに入った亀田史郎トレーナー(42)と兄の亀田興毅(21)=協栄=については、「セコンドが故意の反則を指示したとすれば、極めて悪質。事実なら、ライセンスの停止や剥奪もあり得る」(安河内剛JBC事務局長)との事。
まぁこの二人はライセンス剥奪で良いと思う。特にオヤジの方はトレーナー・セコンドなど全ての権限を剥奪して欲しい。
兄については25日に予定されていた試合も相手の都合が付かずに中止だそうなので、オヤジじゃないトレーナーについて、みっちりボクシングという物を習って欲しいと思う。
長男だけはそれなりにボクシングの才能はあると思っているので、マトモなトレーナーにマトモなボクシングを習えば、日本タイトルに挑戦するレベルになる事も夢ではないと思う。

そして、金平桂一郎協栄ジム会長にも厳罰を課して欲しい。
もう協栄ジムはボクシング界に必要ないと思う。
協栄ジムについては「黒い霧事件」「毒入りオレンジ事件」「八百長」「乱闘」「黒社会」などを「協栄」と一緒にググって見てもらえばよく分かると思うので省略。

とにかく、正す所を正し、ボクシングをエンターテイメントではなくスポーツとして見れるようにして欲しい。
スポンサーサイト

theme : ボクシング
genre : スポーツ

カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。