スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSOrganize

DSOrganize

ニンテンドーDSをPDA化するソフト「DSOrganize3.1129」を娘のDSにぶち込んでみた。

これは、カレンダー・予定表・ToDo・Address Book・電卓・手書きメモ・音楽再生・ファイルブラウザ・Webブラウザなどの機能が一つになったソフトで、DSが小型の情報端末として使えるようになるという優れもの。

ただし、まだ日本語には対応しておらず・・・と言うかそもそも2バイト文字に対応していないので、日本語が使えないし表示できない。
一応言語ファイルでの多言語対応にはなっているが、そもそも2バイト文字を使えないので化けまくり。
日本語の対応が待たれる所だ。

とりあえず英語圏のGoogleに繋いでみたら、簡単に繋がった。
カレンダーや電卓なども、思ったよりまともに使えるものでビックリ。
ただ、俺の環境ではファイルブラウザを動かそうとするとエラーになってしまった。
まぁまだまだ発展途上のツールと言う事だろう。

もちろんこのソフトを使うには、ネット公開されているソフトウェアのファイルを何とかしてDSに「DSのソフト」として認識させてやらなければならないのだが、その方法については、ここでは詳しく書かないでおく。
技術的にこう言う素晴らしい試みがされているよと言う情報のみと言う事で。

詳しく知りたい人は「DSOrganize R4DS M3」などを適宜組み合わせてググって見ると幸せになれるかも知れない。

とにかく、このことについては

質 問 不 可
スポンサーサイト

theme : ソフトウェア
genre : コンピュータ

2007メルカート(01)

とうとうこの時期がやって来た。
オフィシャルサイトに「契約満了選手のお知らせ」として、以下の7名の名前が挙がっていた。

GK 1 小針清允(30歳)183cm/77kg
DF 4 白井博幸(33歳)180cm/72kg
DF14 中田洋介(26歳)173cm/64kg
DF30 左山晋平(20歳)173cm/64kg
DF31 丸山良明(33歳)178cm/73kg
MF-- 熊林親吾(26歳)169cm/68kg(徳島レンタル中)
MF-- 大橋良隆(24歳)168cm/66kg(NECトーキンレンタル中)

毎年の事ながら、好きな選手が契約されずに去って行くのは辛い物がある。
中田も熊林も好きなんだけどなぁ。

ちなみに、今現在来期の行き先が決まっている選手は居ないようだ。
仙台のライバルチーム以外へ、幸せな移籍をして欲しいと思う。

さて、仙台の方は7名契約解除で、今の所加入が内定しているのは2名。
GK 関憲太郎(21歳)178cm/73kg(明治大学)
MF 三澤純一(22歳)169cm/65kg(筑波大学)

この時点でポジション別の人数を集計すると
GK 4人(レンタル1名、新人2名)
DF 5人(レンタル1名)
MF 13人(レンタル2名、新人1名)
FW 8人(レンタル1名、他チームへレンタル中2名)

DFが圧倒的に足りない。
今年のチームをベースにレベルアップを図るなら、4-4-2で行くんだろうから、2~3人は即戦力が欲しい所。
レンタルで借りてる選手が仙台に残ってくれると言う大前提の元の話だが。

ちなみに仙台の伝統というか、ここ数年のジンクスで「キャプテンマークをつけた選手は契約延長されない」と言うのがあったのだが、直樹のおかげでこの不必要なジンクスも何とか破っていただけたようだ。

後はレンタルで借りてる主力選手、ジョニウソン、ロペス、林、岡山の動向でこの冬のメルカートは大きく様相を変えてくるだろう。
来年の昇格に向けて、何とか現状以上の戦力を確保して欲しい。

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

36sticks

36sticks

念願の36sticksでケーキを購入した。
とりあえず失敗だったら嫌なので、家族分の4個だけ。

俺が買ったのはミルクレープだったのだが、結構美味かった。
子供たちの場合、ケーキ類はよっぽどひどい物でもない限り批判しないので意見は割愛するが、妻も「あ、美味しいかも」と食べていたので、やっぱり美味しいのだろうと思う。
ただ、1個食べ終わった後「う~ん、全部食べるとちょっと甘さがくどいかも」とも言っていた。

しかし、妻が食べたのはチョコレートケーキだったので、甘ったるくて当然のような気がするのだが・・・

ここのケーキは分量的に「よし!今日はケーキ食べるぞ!」と気合を入れなくても食べられるサイズだし、値段も100円台~300円程度なので買いやすい。
今度はレアチーズケーキと抹茶のケーキとプリンアラモードみたいなやつを買おう。

コストパフォーマンスを考えたらいい感じ。
これは結構通ってしまいそうな予感がする。

theme : スイーツ
genre : グルメ

機動劇団はろ一座 ガンダム麻雀+Z さらにデキるようになったな!

機動劇団はろ一座 ガンダム麻雀+Z さらにデキるようになったな!NintendoDSのソフト「機動劇団はろ一座 ガンダム麻雀+Z さらにデキるようになったな!」会社昼休みワイヤレス通信でやりまくっている。
これがまた面白いんだ。

いや、いい大人がDS持って大騒ぎしてるのはどうかとは思うんだけど、もうずいぶん長い間雀卓を囲んだりしてないから面白いんだな~。

パソコンやなんかのゲームでコンピュータ相手にやるのとはやっぱり気合が違うと言うか、コンピュータ相手だと勝っても負けても点数のやり取りしか気にならないが、人間相手だと例え1,000点でも本当の意味で勝ち負けの実感が出る。

更に、性格とか表情、会話や反応なんかを元に点数の大小や当たりや聴牌の気配を予想したりと、人間相手のゲームをやってる実感があるのも良い。


問題は、フィギュア(対戦前にベットして、勝った人が持って行く。物によって特殊効果あり)が欲しいために、1人でやりこんでしまう事だ。
昨日も妻に「何で子供にはゲームばっかりしてないで勉強しろ!とか言ってんのに、自分はずっとゲームしてんの!?」と怒られてしまった。

子供の遊びじゃねぇんだ!男の意地がかかってんだ!
女子供はすっこんでろ!

・・・いや、嘘です。

theme : 麻雀
genre : ゲーム

土鍋ご飯

土鍋ご飯

最近、土鍋でご飯を炊く事にはまっている。
一番最初に土鍋で炊いた時、ビギナーズラックなのか物凄く上手く炊けてしまい、家族に大好評。
でもその後は焦げが強すぎたり、米が硬めになってしまったりと失敗が続いた。(写真は焦げが強すぎた失敗時のもの)
何度かやっているうちに何となくコツが掴めて来たので、やっとコンスタントに美味いご飯が炊けるようになり、週末のご飯は土鍋ご飯が定番になった。

本気で美味いので、一度試してみる事をオススメしたい。

俺流の炊き方は以下の通り
  • 米を良く研いで、ざるに空けて30分以上水を切る。
  • 綺麗な水を、米1合につき200ccの割合で張り、30分浸水させる。
  • ごま油を数滴たらし、中火~やや強火で炊き始める。
  • (約5分)沸騰して、土鍋から蒸気が出始めたら弱火にする。
  • 10分ほど炊き続け、火を消す。
  • おこげが食べたい場合は火を消す前に、強火で10秒加熱。
  • 15分弱蒸らして出来上がり。
普通にご飯を炊くだけで、ふっくらツヤツヤなご飯が出来上がり、しかも温めなおしてもまだ美味しいと言う優れもの。
勿論炊き込みご飯なども美味しく出来る。

好評だったのは「焼き秋刀魚の炊き込みご飯」
頭とヒレを落として、内臓と骨を取り除いた秋刀魚のひらきを塩振り焼きにして、ご飯と一緒に炊いたもの。
ポイントは秋刀魚を焼くこと。
普通脂が強すぎてご飯が生臭くなってしまう所を、事前に焼くことによって臭み抜きに香ばしさもプラス。
さらにブナシメジも追加したので激美味だった。
俺は基本的に甘辛い炊き込みご飯が嫌いなので、味付けは醤油と酒と少量の塩のみ。

酒飲みにも子供にも、万人受けするレシピなので、お試しあれ。

theme : ♪おすすめ♪
genre : グルメ

J2第51節 vs京都サンガF.C.

Jリーグディビジョン2 第51節
2007年11月25日(日) 13:04 キックオフ  京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C.
京都サンガF.C.
10 前半 0
1 後半 0
0
ベガルタ仙台

>>公式記録
主審:真・うんこ審判鍋島將起 副審:竹内元人/西村典之
京都戦パブリックビューイング①
パブリックビューイングで観戦した天王山・京都戦。
予想外に暖かくて、コートを脱いでレプユニで応援できた。
しかし、暖かかったのは気温とサポと選手の気持ちだけ。

試合結果とかベンチワークとか、なんとも寒かった・・・

しかし、不安定なジャッジをする主審だなと思いながら見ていたが、帰宅後に名前を見て納得。
この大事な一戦に、主審がうんこ鍋島かよ・・・

久々の鍋島は、オフサイドじゃないのをオフサイドにしたり、その逆だったり、ハンドを見逃してくれたり、何の問題も無いプレーをファールにしたり、なかなかの活躍ぶり。

まぁそれを除いても勝てた試合とは言いがたかったが。

とにかく京都GK1平井直人が良すぎた。
あれだけ至近距離からのシュートに反応されてしまっては、例え仙台のシュートがちゃんと枠に飛んでいたとしても、オフサイドでなかったとしても、点は取れなかっただろう。

それと、ベンチワークのお粗末さ。
70分のFW13中島裕希FW9中原貴之は、2トップにして、攻撃の厚みを増し、さらに高さと言う武器も追加しようとする意図が見えるが、全体の攻撃へのシフトをハッキリさせるために、ハーフタイムに交代して欲しかった。
78分のMF24永井篤志MF11 ファビーニョで、更に攻撃の意図を明確にし、スタミナ的に運動量に問題が出始めた永井を変える事には異存は無い。
後10分早ければ。
最後、86分のMF10梁勇基DF32細川淳矢に至っては意図が全く見えない。
高さのある選手を前線に置いてパワープレーと言う会見の内容は分かる気もするが、2003年のベルデニック監督の右サイドにテルを配置したような違和感を感じるのは俺だけだろうか・・・

まぁ負けるべくして負けたとまでは言わない。選手の昇格へ向けた意気込みも見れたし、内容的には決して悲観するような物ではなかった。
しかし、最終節が近づくと途端に勝てなくなるのは、もう仙台の風物詩になっちゃった感がある。
やっぱりこれも仙台の「精神的にもろい」と言うチームカラーが全ての元凶だろう。
昇格した2001年、なんとかJ1に留まった2002年には、森保キャプテンを筆頭に代表で厳しい戦いを経験した、経験豊かな選手が多数居た。
今の仙台を落ち着かせる事が出来る選手って誰だろう?
気持ちの強い選手は何人か居るだろうし、ムードメーカーとなる選手も居る。
後は真の意味でのキャプテンシーをもったキャプテンが必要なのではないかと思った。
決して今のキャプテンがダメと言う意味ではなくて。

京都戦パブリックビューイング②
この沢山のサポーターのためにも、来年こそは・・・

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

テンプレート変更

ナイトメア・ビフォア・ザ・クリスマス

クリスマスまであと1ヶ月。
と言う事で、テンプレートをクリスマス的なデザインに変更した。

まぁ結婚して子供も居るような年の俺に言わせれば、プレゼントはあげる方だし、彼女とデートと言う訳でもないので世の中の若い人たちのように

クリスマスうひょ~~~!!!

って感じでもないのだが、とりあえず。

しかし、全然楽しみにしていないのかと聞かれればそうでもなくて、プレゼント獲得に向けて徐々に盛り上がって行く子供たちとか、クリスマスの料理やケーキ、朝起きた時の子供達の歓声など、オヤジが幸せになる要素は沢山あるのも事実。

プレゼントを選ぶのとかあげるのも結構好きだし。
うん、やっぱりクリスマス楽しみだ。

theme : ブログ
genre : ブログ

タイヤ交換

スタッドレスタイヤやっと休みになったのでタイヤを交換。
いやぁ~、昨日とか危なかったが、なんとか本気で積もる前に交換できた。

何かタイヤ交換ってものすごく大変なイメージがあるんだけど、実際にやると1時間もかからないで終わるのが不思議。
それでも春にまたタイヤ交換しなきゃとなると「すごく大変」な気分になるんだろうな。

ただ、今回はタイヤワックスのストックが切れていたので、買い物や何かでちょっと時間がかかった。
まぁ一昨年のタイヤ交換みたいに雪の降る中の交換じゃないから何も大変じゃなかったけど。

11月なのにもう冬の準備万端。
今年の冬は寒いのかなぁ。バス通勤がちょっと心配だ・・・

第51節 京都戦パブリックビューイング開催

11月25日(日)、ベガルタ仙台ホームタウン協議会主催で対京都サンガF.C.戦のパブリックビューイングが行われる事が正式に発表された!

会場は、7月21日(土)のみちのくダービーに引き続き、「勾当台公園いこいのゾーン」。
13:00開始、15:00終了の予定で、入場は無料だそうだ。

これはもう集まるしかない!
集えベガサポ!

ちなみに、同日10:00~16:00の時間帯に勾当台公園市民広場では「石巻市きたかみ・十三浜うまいものまつり」とか言うのも行われてるっぽい。
家族で楽しめそうなので、是非!

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

豚ロースのニンニク味噌焼き

豚ロースのニンニク味噌焼き

2日連続で酒の肴ネタ・・・

夜遅いのに酒の肴が欲しくなって冷蔵庫を覗いたら、生姜焼き用の豚ロースを発見。
そのままソテーしても良かったのだが、何となく思いついてニンニク味噌を塗りたくってオーブンで焼いてみた。

うっわ~、何コレ?超うめぇ~。

味的にはもう最強の部類に入ると思うのだが、如何せん味噌と肉の割合がちょっとダメ。
肉が薄すぎて、味が濃くなりすぎてしまった。

しかし、これ以上肉が厚くなるとオーブンで焦げないように中までキッチリ火を通すの大変そう。
って言うか焦げそう。

でも美味いからなぁ。
ダメ元で今度挑戦してみよう。

theme : 作ってみた
genre : グルメ

毛ガニ

毛ガニ

帰宅する時間を家にメールしたら、俺のエネルギー源が切れていると言う事だったので、帰宅途中にいつものスーパーに寄り、安い発泡酒を購入。
ついでに酒の肴を物色していたら発見したのは活毛ガニ。

2尾で60円。

かなり小ぶりな毛ガニだったが、俺的に毛ガニはカニミソさえ食えれば身はいらないので、即座に購入した。
いつもながらここの値段設定・・・と言うか値引きの潔さは天晴れだ。

帰宅後、まずは晩飯。
晩飯後、洗い物をしながら3%食塩水でカニを茹でる。
茹でる時間はカニのサイズにもよるけど、沸騰したお湯にカニを入れて、再沸騰してから10分~20分。
今回はかなり小っちゃいので10分ほど茹でた。
で、カニを茹でる時のポイントは3点。

  • 3%食塩水で茹でる
    海水の塩分濃度で茹でる事で、カニの味が流れ出る事も無く、身が水っぽくなる事も無い。
  • カニは甲羅を下して(仰向けの状態で)茹でる
    甲羅を下にすることで、茹でている間にカニミソが流れ出る事が少なくなる。
  • 茹であげたあと、10秒ほど冷水で冷やす
    表面を急冷することで殻から身が外れやすくなる。

茹でたカニを肴に発泡酒を飲む。う~む、日本酒にすればよかった・・・。
しかし、このカニが写真で見て解るかどうか微妙だがカニミソたっぷり。良い意味で裏切られた。
久々に満足の行く肴だった。

theme : 美味しかった♪
genre : グルメ

電気あんか

電気あんか

福島県庁は、どんなに気温が上がって暑くなっても7月にならないと絶対に冷房を入れないし、どんなに残暑が厳しくても9月になったら冷房を止めてしまう。
そんな県庁なので、例え最低気温が氷点下になっても12月にならなければ暖房を入れてくれないのだ。

冷房に関しては、俺の常駐している部屋がマシン室とダクトで繋がっているので、マシン室の強冷房がひんやりと流れ込んで来るからまだ良いのだが、マシン室の空調なんて冬になっても冷房な訳で、この時期、部屋は極寒の地と化す。
室内での仕事で手がかじかんでキーボードが打てないって、どんな環境だよとか思ってしまう。

福島県庁の似非エコ行動には言いたい事が沢山ある。
例えば冷暖房が全館でガンガンにかかる時期(8月とか2月とか)になると、5機あるエレベーターが2~3台残して電源を切られてしまう。
まともなアルゴリズムのエレベーターなら2台も動いていれば問題無いのだが、このエレベーターのアルゴリズムは糞過ぎる。
古いからって言うのもあるんだろうが、それだけじゃなくてアルゴリズムがダメすぎ。
おかげでちゃんとしてれば一番遠い所にエレベーターが行ってても1~2分で行ける他のフロアへ、この時期、下手をすると10分近くもかかってしまう。
ここでロスする時間と影響を受ける人数に単価を掛けたら、絶対に動かし続けていた方が残業も減って光熱費の部分でかなりエコなんじゃないかと思う。

冷暖房も仕事が終わる30分前に停止してしまい、残業中は人の仕事する環境じゃなくなる。
俺らみたいに定時後にならないと作業できない人たちの作業効率とか完全無視なのはどうかと思う。


閑話休題。


そんなこんなで、寒さで手が動かないし、風邪の症状まで出始めて、このままでは身の危険を感じてしまうので、とりあえず暖かい飲みものでも買って来ようと売店へ。
そこで見つけてしまったのが「電気あんか」
今時の人たちは知らないかもしれないけど、子供の頃にじぃちゃんの家に泊まりに行くと、布団の中に入っていた暖かい物体。
それの柔らかいバージョンが売っていた。
しかも880円と言う「ためしに買って見るか~」と言うような値段で。

部屋に戻ってとりあえず椅子に敷いてコンセントを入れてみたら、これがまた・・・

最高!

電気あんか(使用時)

太ももだけ暖かい筈なのだが、大腿部の大動脈で温められた血が全身を温めてくれるのか、30分もしないうちに全身ホカホカ。
2時間も経たないうちに、あまりの暖かさに上着を脱いでしまったほどだ。

しかも消費電力21Wで電気料金が約0.12円/時間と言うエコ。
さらにマイナスイオンまで出てしまうと言う素晴らしさw

何でもマイナスイオン出れば良いと思うなよw

まぁとにかくこれで今年の冬は生き延びる事が出来そうだ。
電気あんか最高!

初雪

初雪

昨夜、何か寒いな~と思っていたら、シャーベット状の雪がちらついていた。
でもすぐに止んだので「今年は初雪早かったな」で終わったのだが、今朝目を覚ましてびっくり。
雪が積もっていた。

初雪で積もるなよ、雪。

しかも山形とか宮城の山沿いでは「暴風雪警報」とか言ってるし、高速道路は通行止めとかチェーン規制とか速度規制とか、色々てんこ盛り。
天気予報でも初雪は例年より14日早いとか言ってる。
そうだよな~。11月半ばでこの雪はありえないよな。
仙台駅前の初雪

まさかこんなに早く雪が積もるとは思ってないので、スタッドレスに履き替えてなんかいない。
あと1日早く降ってくれれば、昨日タイヤ交換出来たのに・・・なんて間が悪いんだ。
金曜日にタイヤ交換するとして、今週はもう降らないで戴きたい。

東京では木枯らしが吹いたとか言ってるし、もう冬本番と言った感じか。
暑いよりは良いけど、あまり寒すぎたり、大雪で交通障害がおきるのは勘弁して欲しい。
福島に通ってる身としては、かなり切実だ。

NHK 新日曜美術館

新日曜美術館今日のNHK「新日曜美術館」の特集は「フェルメール つきぬ魔法の秘密~牛乳を注ぐ女~」と言う事で、フェルメールだった。

以前、このブログでも紹介したが、9月26日(水)から12月17日(月)まで、東京都港区六本木の国立新美術館で開催される「フェルメール《牛乳を注ぐ女》とオランダ風俗画展」に、日本では初公開となる「牛乳を注ぐ女」が展示される事を受けての特集なんだろう。

フェルメールについての特集内容は、好きな人なら誰でも知っているようなもので特に目新しい知識というものは無かったが、ハイビジョンでフェルメールの絵画がいくつも見られたので楽しかった。

一つだけ、ちょっと嬉しくもあり、嫌な感じもあったのが、ゲストの大橋巨泉がフェルメール好きで、一番好きなフェルメールの絵が俺と同じ「真珠の耳飾りの少女(Girl with a pearl earing)」だと言う事。
やっぱり良い絵だよな~!と言う思いと、巨泉と同じかよ!と言う思いの交錯した、なんとも複雑な気持ちになった・・・。

theme : 絵画
genre : 学問・文化・芸術

食パンマン

食パンマン

妻がどっかから買って来た「食パンマン」のパン。

食パンマンなのにチョコパン。

theme : パン
genre : グルメ

昇格争いチームの綻び

昇格へ向けて残り3戦全勝する仙台だが、萬代が累積で離脱。
他のチームの動向が気になる所だ。

選手の出場停止や怪我の状態はどうなっているかと言うと、ちょっと見た限り以下のようになっている。
やっぱりフッキが今期終了ってのは大きいと思う。

仙台
 FW萬代宏樹  出場停止 第50節、第51節
東京V1969
 FWフッキ   出場停止 第51節、第52節
札幌
 MF大塚真司  10/27 右膝前十字靭帯断裂及び半月板損傷 全治9ヶ月
 MF藤田征也  出場停止 第50節
京都
 DFチアゴ   出場停止 第50節
C大阪
 MFゼカルロス 11/15 右大腿筋後面(ハムストリング)損傷 全治3週間
 MFアレー   11/11 右大腿四頭筋損傷 全治3週間
湘南
 MFアジエル  11/11 家庭の事情によりブラジルへ一時帰国


そして、上位陣の直接対決と試合無しの節。

第50節は東京Vが試合無し。
第51節は札幌が試合無し。

直接対決は
第50節
 11月18日(日)14:00 札幌vs京都(札幌ド)
 11月18日(日)14:00 仙台vs湘南(ユアスタ)
第51節
 11月25日(日)13:00 京都vs仙台(西京極)
第52節
 12月01日(土)12:00 C大阪vs東京V(長居)

札幌は京都に勝てば2位以上が確定。
湘南は、京都が1勝でもすると3位以内が無くなる。

仙台は全勝しても勝ち点89。
札幌が1勝でもしたら優勝は消える。
しかし、言い換えれば優勝もまだありうる。

ここまで書いといて何だが、結局細かい計算はしても仕方が無い。
3連勝すれば3位以上は確定するのだから、今は3連勝するのみ。
まずは湘南に勝って、昇格レースから蹴落としてしまおう。

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

イビチャ・オシム監督、脳梗塞で倒れる

オシム監督が16日(金)未明に千葉県浦安市の自宅で倒れ、大学の付属病院に緊急入院した。
急性脳梗塞とみられ、ICU(集中治療室)で治療を受けているという。

ニュースには急性脳梗塞とか書かれているので、塞栓性脳梗塞あたりが予想されるんだが、だとしたら命を取り止めたとしても後遺症が残る可能性が高い。

これはもう後任人事に手をつけなければならない状態と言えるだろう。

せっかくオシム流の練習・戦術が浸透して、チームとしての完成度が上がってきたこの時期、方向性の違う監督になるのはリスクが大きすぎる。
誰が後任に着くのか知らないが、この時期に代表監督を引き受けるとしたら、それは大きなリスクを伴うだろう。

元コーチからの昇格を考えた場合、大熊清氏は実績的にもちょっとあれだし、氏お得意のカウンター戦術、所謂高校部活サッカーでは代表のカラーが全く変わってしまうと言う問題もある。
もう1人のコーチ、小倉勉はなら千葉時代からオシムイズムを叩き込まれているだろうから、方向性的には問題無いだろう。
しかし、実績はどうかと考えると小粒だと言わざるを得ない。

そうなると、アマル・オシム千葉監督あたりに白羽の矢が立ちそうな気もするが、ここに来てベテランばかり起用されようものなら、日本代表の進歩は止まってしまうような気がする。

結局、オシム流でオシム以上の監督は居ない訳だから、オシム流とベクトルの近い別な監督を引っ張ってくるのが現実的なのかなと思う。

何しろ、まずオシム監督の一刻も早い回復をお祈りする。
そして、日本代表が失速する事の無い後任人事をJFAに求めたいと思う。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

暴君ハバネロの旨スープ

暴君ハバネロの旨スープ駅のコンビニで強烈なパッケージを発見してしまった。
暴君ハバネロ。のスープ。

えぇ~?飲みたくねぇ~!

と言う事で買って見た。2缶。

まず職場で先輩のakiさんに貢物としてわたし、1本は自分で飲んで見ることにした。
飲みたくないのだが、飲まない事にはブログのネタにもならないので仕方が無い。

スープなので湯煎して熱々に。
缶でグビグビやると気管に入りそうというと言うakiさんの忠告を受け入れてマグカップに移し変える。

うむ、真っ赤で美味そう。香りもスパイシーで食欲をそそる。
一口飲んでみると、う~ん、思ったより辛くない。で、トマト的なミネストローネ的な酸味があって、ちょっと気持ち悪くなった。(俺はトマトが大嫌い)
akiさんにお願いして「CoCo一番屋特製とび辛スパイス」をもらってガンガンぶち込む。
いい感じで辛くなって、味もインドカレー的な感じになって美味かった。

激辛を期待して飲んだら物足りないかもしれないが、ピリ辛トマトスープとしてなら美味いんだろう。俺はトマトが超大嫌いなのでもう要らないが。
暴君ハバネロの旨スープ

とにかく、ここに断言する。

トマトは人間の食い物じゃねぇ。
食っていいのはケチャップとミートソースだけだ。

・・・あれ?何の話だっけ・・・?

theme : B級グルメ
genre : グルメ

地球の出

地球の出
「地球の出(Earth-rise)」ハイビジョンカメラによる映像

(解像度:480X270px 音声無し)
月面は北極付近で、地球にはアラビア半島、インド洋などが見える。


地球の入り
「地球の入り(Earth-set)」ハイビジョンカメラによる映像

(解像度:480X270px 音声無し)
月面は南極付近で、地球の中央左にはオーストラリア大陸、右下にアジア大陸が見える。
(画面の上が地球の南になっているため、通常とは逆に見えている)


月周回衛星「かぐや(SELENE)」が、また美しい映像を送ってきた。
いやぁ、やっぱり地球は青かったんだなぁ。

この映像は、便宜上「地球の出」「地球の入り」と呼ばれているが、地球で言う「日の出」「日の入り」とは違う。
月の自転周期は27.32日。
つまり地球の周りを回る公転周期と完全に同期しているため、月面上に立つ人間からは地球は絶えずほぼ同じ位置に見え、地球が地平線から昇ってくるような所謂「地球の出」を見ることはできない。
今回のような「地球の出」「地球の入り」は、かぐやのように月周回軌道上を移動するカメラからしか見る事が出来ないものだ。

まぁ実際アポロ11号も地球の出を動画に残してる訳で、今回の動画の何がスゴイかと言えば「世界ではじめてハイビジョンカメラ(HDTV)で撮影した」って事だけなので、そんなに騒ぐ事ではないのかもしれないが、それでも俺はリアルタイムでこの鮮明な画像がインターネット上で誰でも見る事ができると言う事がすごいと思う訳だ。

アポロ11号の時代には俺はまだ生まれていないので、当時の情報がどうだったかまでは知らないが、絶対にこんなにオープンにされては居なかったと思う。

良い時代になったもんだ。いや、昔は知らないけどさ。

theme : 宇宙・科学・技術
genre : 学問・文化・芸術

クリスマス商戦開戦

クリスマスイルミネーション

毎年恒例、クリスマスイルミネーションが始まった。
とは言っても光のページェントではなくて、ただ単に店のディスプレイがクリスマスになっただけなんだけど。

店の商品もハロウィンからクリスマスに変更されて、ハロウィン商品は「特売品」の棚へ移動。
相変わらず血も涙も無ぇなぁ。

つい先週まで店の一番目立つ位置に飾られていたジャック・オ・ランタンを筆頭にしたモンスターたちが恨めしそうにこっちを見ていたりする。
まぁ、うちの娘はハロウィン関係なくこう言うキャラが好きだから、お土産を買うお父様としては嬉しいんだけどね。

しかし、気付けばベガルタもあと3戦。
今年もあと1ヵ月半で終わるって・・・年取ると時間の経過が早くなるってのは本当だな。

子供たちと妻のクリスマスプレゼントを考えないと。
あぁ、金がない・・・

箒草SEED DESTINY

ホウキ草の種

以前aki母さんのブログで「綺麗ですね」とコメントしたら、わざわざタネを戴ける事になった。

しかし、ほうき草を育てた事も無ければ見たことも無かったので、とりあえず検索。
普通はタネがこぼれて勝手に生えてくるらしいのだが、種の蒔き時は3月~4月・・・
今種が取れて、自然界では3月までタネは何をしているのかと。

今蒔こうか、3月になったら蒔こうか悩んだが、結局3月まで待ってみる事にした。

ちゃんと育ってくれるかどうか心配だが、まぁそこはいつものとおり「おきらくごくらく」で行こう。
ほうき草の種の運命は運任せと言う事で。

う~ん、あの赤々とした紅葉が早く見たい。
来年の秋が楽しみだ。

theme : 草花
genre : 趣味・実用

bj League 2007-2008 VS東京アパッチ

bj league 2007-2008
2007年11月10日(土)14:00 Tip Off  仙台市体育館
仙台89ers
仙台89ers
9015 1Q 24
20 2Q 6
20 3Q 20
35 4Q 35
85東京アパッチ
東京アパッチ


金曜の試合は具合が悪くて見れず。まぁ負け試合だったからそれは良いや。
土曜の試合もベガルタ仙台の試合と重なってしまったので、見れない・・・
しかし、どうしても諦めきれないので、パソコンのコンポジット出力からオーバーレイでbjTVの映像をVHSに録画してみた。

結果から言えばとりあえず成功w
画質はアレだが、しっかり見ることが出来た。

1Q、ターンオーバーから失点しまくり、シュート失敗しまくりの悲しいゲーム。
3分以上点の入らないゲームって何だよ~。

2Qに入って、ディフェンスをゾーンに切り替えたらゲームが締まってきた。
インサイドを固めて東京の攻撃を封じ込め、1Qのお返しとばかりにターンオーバーから得点を重ねる。
東京はアウトサイドからの得点を狙うが、シュート失敗しまくり。1Qと真逆のゲームになった。

3Qは両チームともガンガン突っ込む面白い展開。アリウープとかbjの試合で初めて見た。3Q最後は勝俣のブザービーター。
いやぁ面白い。

4Q、3Qと同じく点の取り合い。最後の方で東京はファウルゲームに持ち込んできて焦ったが、ギリギリで何とか逃げ切りホーム初勝利となった。

こんな面白い試合してるのに観客数が2329人ってのが悲しい・・・
行かなかった俺が言えた義理じゃないけど。

ベガルタがオフになったら見に行こう!

theme : バスケットボール(日本)
genre : スポーツ

J2第49節 vs東京ヴェルディ1969

Jリーグディビジョン2 第49節
2007年11月10日(土) 13:03 キックオフ  味の素スタジアム
東京ヴェルディ1969
東京ヴェルディ1969
10 前半 1
1 後半 0
1
ベガルタ仙台

>>公式記録
主審:無期限資格停止吉田寿光 副審:中井恒/中込均

なんだこの前半と後半で全く違う試合は・・・

前半の仙台は守備的ではあったが、ボールへの寄せも速く、フッキディエゴには5~6人で囲むなど、良い動きを見せていた。
攻撃も、スリッピーなコンディションを考慮してミドルシュートを打つ等、良い流れで試合をコントロール出来ていたと思う。

その結果が9分ののゴール。
状況と言い時間帯と言い試合を読みきった良いゴールだった。

前半はその流れを持って、0-1で終了。
この調子で行ければ、追加点ももうすぐ、フッキディエゴの個人技にさえ気をつければ絶対勝てると確信していた。
していたのだが・・・

後半に入ったら東京Vがかなり押し込んでくるようになる。
それに引きずられるようにドン引きになる仙台。
そこで攻撃しようとするから、菅井の後ろがぽっかり開く。
吉田寿光はカードを乱舞させ、木谷を虐める。
永井は動けなくなる。
岡山は足が攣る。
はボールに触れなくなる。
そしてパスが繋がらなくなり、たてポン一発のロングフィードも跳ね返され、セカンドボールも東京Vに拾われ、悲しい試合展開となってしまった。

結局ディエゴにミドルをドカンと決められドロー。
何とか引分けに持ち込むだけで精一杯と言った体たらくだった。

これで完全自力昇格の目は無くなってしまったが、まだまだ昇格は遠くない。
とりあえず残り3試合全勝すれば3位は確定。
東京Vの今後の勝敗によっては2位もある。
まぁ優勝は(計算上の確率は残っている物の)難しくなってしまったが、J1昇格だけは決めていただきたい。

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ

本日一三○○時より、バルチック艦隊東京ヴェルディ1969との日本海海戦が行われる。

日本海軍連合艦隊ベガルタ仙台とサポーターは堂々たる軍容をもって仙台を出航。

まさに
「敵艦隊見ユトノ警報ニ接シ連合艦隊ハ直チニ出航コレヲ撃滅セントス、本日天気晴朗ナレド波高シ。」

敵は強いが、Z旗を掲げて挑んで欲しい。
絶対勝てる!がんばれベガルタ!

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

風邪

風邪、流行ってるようだ。

もちろん流行に敏感で、最先端を突っ走る俺も風邪中な訳で。
病院で検査したら、鼻腔から喉にかけて細菌がウヨウヨだそうで、抗生物質を点滴してもらってほっと一息ついたところ。

しかし、今回の風邪は症状が多くて大変だ。
最初は頭痛。次に微熱。鼻水、喉の痛み、寒気が来る。
たぶん先週の釣りの時に手が震えたりしたのも風邪の症状だったんじゃないかと予想。早期治療って大事だな~。(^^;

風邪のひき始めには、「合谷(ごうこく)」と「感冒点(かんぼうてん)」と言うつぼが効くと何かの本で読んだのだが、正確な位置を忘れてしまったので調べてみたら、その他にも「風府(ふうふ)」と言うつぼも効くと書いてあった。

一応ココに書いてあるのでリンクしてみる。

皆さんもお気をつけて。

theme : 健康
genre : ヘルス・ダイエット

かぐやが世界初の月面ハイビジョン撮影

かぐやが撮影した月の映像
画像をクリックすると、動画が見られます。
(解像度:480X270px 音声:無し)


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7日、月周回衛星「かぐや」が撮影したハイビジョンによる月面映像を公開した。
いや~もう・・・CGかよ!ってくらい鮮明な画像だ。

撮影は月上空約100kmからのもので、10月31日に2回に分けて行われ、第1回目は「嵐の大洋」よりも北の位置から北極中心に向かって、第2回目は「嵐の大洋」の西側を南から北へ、それぞれ8分間を1分に縮めて収録されている。

詳しくはJAXAのプレスリリースを見ると良く分かる。

しかし、いつもの事ながらニュースで取り上げられる回数が少なすぎる。
小学生の科学離れを懸念するニュースは流すくせに、こう言うニュースを子供に見せなくてどうするよ?
表面的に子供の学力低下を危惧するような不安を煽るだけの報道じゃなく、子供達に学術的興味を抱かせる報道をマスコミはすべきだと思う。

って言うか、俺がもっと動画で見たいから流せ。

theme : 宇宙・科学・技術
genre : 学問・文化・芸術

落選

実況放送スタジオ公開落選通知

すっかり書くのを忘れていたが、NHK仙台放送局の「ベガルタ仙台VS東京ヴェルディ1969」実況放送スタジオ公開に応募してたのに、落選の通知が来てた。

定員が何名だったのかは知らないが、座席数を超える85名の応募があったとか。

まぁいいや。
NHK仙台放送局メモ帳も貰えた事だしw

土曜は自宅で応援しよう。

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

GROUND ZERO TOKYO 2007

先週のe2 by スカパー無料開放デーの時に放送していたシュートボクシング(SB)の大会「GROUND ZERO TOKYO 2007」をやっと見た。
2年に1度行われる「S-Cup」が最強のシュートボクサーを決める大会であるとすれば、「GROUND ZERO」は異種格闘技戦。
他団体や他競技の選手を招いて競われる戦いだ。

特に今回はMMAから桜井“マッハ”速人、ギルバート・アイブル。掣圏道からは桜木裕司。“ムエタイ2冠王者”ビックベン・ケーサージム。“最強の素人”アンディ・オロゴン。など、地上波で放送しても視聴率高そうな顔ぶれが揃った。

個人的にはメインの“K-1・S-Cup2冠王者”アンディ・サワーVS“最強の素人”アンディ・オロゴンのアンディ対決。PRIDE後初公式戦の桜井“マッハ”速人VS“修斗欧州ウェルター級王者”ヤニ・ラックス戦。そして8年半ぶりのSB復帰となる“元SBカーディナル級王者”村浜武洋VS“SBフェザー級1位”石川剛司の新旧軽量級エース対決が楽しみだ。

ちょっと見てる途中で何度か意識が飛んでるので(^^; 記憶にある分だけ試合の雑感を書いてみる。

第1試合 60kg契約 3分3R
SB日本フェザー級第1位
石川剛司
シーザージム
○ 判定 3-0 ●
(30-28/30-28/30-28)
元SB日本カーディナル級王者
村浜武洋
大阪ファイティングファクトリー

村浜は小刻みに良く動くフットワークと回転の速いパンチが気に入って、K-1だろうがプロレスだろうが良く見ていたのだが、今回の試合に限って言えば良さはかなりスポイルされていた。
でもまぁ試合は一進一退。2Rには村浜がパンチの連打をくらって腰が落ち、右拳がリングについてダウンを宣告されるがダメージは無いようで、その後も均衡したまま3R終了。
判定では2Rのダウン分ポイントで負けて村浜の判定負け。
正直石川に強さは感じられなかった。

第2試合 65kg契約 3分3R
SB日本S・フェザー級王者
及川知浩
及川道場
○ 3R 1分05秒 ●
TKO
修斗環太平洋ライト級ランカー
阿部裕幸
AACC

阿部の空手チックな面白い構えから繰り出す強打と、基本に忠実な及川との対比が面白かった。これこそ異種格闘技の魅力と言った所か。
ただ、1Rの立ち上がりを見た限り、出入りの激しい及川のパンチとテンカオに阿部は着いて来れない感じで「及川楽勝」的な雰囲気。
この雰囲気が一気に変わったのがテンカオでダウンをとった後の阿部の攻撃。狙い済ました右ストレートが一発で試合をひっくり返してしまうほどのパワーを持って及川に直撃。
ダウンこそしなかったものの、「一発がある」と言う怖さから試合は一気に緊張感を持ち始めた。
見ていて楽しいKO必至の展開から、最終ラウンドになってローのダメージが蓄積し、動きの無くなった阿部に、及川の容赦の無い攻撃。
3R2度目のダウンをした阿部にTKOの判定が下った。
面白い試合だった。

第5試合 ヘビー級契約 3分3R
 
ギルバート・アイブル
オランダ/ボスジム
○ 1R 1分48秒 ●
KO
 
桜木裕司
掣圏会館

いくらヘビー級の試合だと言っても、20kgの体重差は無いだろう。
桜井は何度か綺麗にロー、ミドル、フックと決めるが、全くたじろぐ様子すらないアイブル。
結局は2分足らずの間にパンチだけで3度のダウンを奪ったアイブルの完勝。
TV的には派手で良いかも知れないが、もっとちゃんとしたマッチメイクの試合で桜井の試合が見たかった。

第6試合 70kg契約 3分3R
SB日本ウェルター級王者
宍戸大樹
シーザージム
○ 判定 3-0 ●
(30-29/30-29/30-29)
ラジャダムナンWMC S・ウェルター級王者
ビックベン・ケーサージム
タイ/ケーサージム

前回緒方相手に圧倒的な破壊力を見せ付けたビックベン・ケーサージムと、長く暗いスランプと言う名のトンネルをやっと抜けたばかりの宍戸の対戦。
正直、宍戸が勝つとは思わなかった。
ただ単に前回の試合の経験から「日本人は弱い」と侮ったビックベンの油断があっただけのようにも見えたが、解説ではローから組み立てるビックベンの攻撃を、ローを外す事で上手く自分のペースにすることが出来た宍戸の作戦勝ちとの事だった。
俺にはわかり辛かったが、そう言うことなんだろう。
何にせよ宍戸大金星と言って差し支えないだろう。

第7試合 77kg契約 3分3R
 
桜井“マッハ”速人
マッハ道場
○ 判定 3-0 ●
(30-27/30-27/30-27)
修斗初代欧州ウェルター級王者
ヤニ・ラックス
スウェーデン/チームスカンジナビア

伝説の男マッハ速人のSBデビュー戦。と思ったら、速人ってアマシュートで優勝経験があるんだと。
知らんかった。
いい試合になるかと思ったら、何か速人はMMA的な攻撃や逃げを行って、解説の人たちは苦笑いしてたが、俺的にはあきれた。
ルールが守れないならSBに参加するなよと。
ダウンした相手に打撃を与えようとしたり、グランドに引き込もうとしたり・・・
こんな試合しか出来ないなら、一生MMAだけやっとけ。

第8試合 72kg契約 3分3R
S-Cup 06年王者
緒方健一
シーザージム
● 2R 0分44秒 ○
KO
 
ブライアン・ロアニュー
オランダ/レッドデビル

アルバート・クラウスの突然の欠場により、急遽出場の運びとなったブライアン・ロアニュー。
本来ならロアニューの方が不利のような気がするんだが、どうも解説は「相手が突然変わったから緒方の方が不利」「緒方は気持ちが切れた」と連呼。
でも解説の言ったとおり、パワーもスピードもあるロアニューの完勝。
右フックで吹き飛ばされた緒方は、ダウン後痙攣してた。
ロアニュー怖ぇぇぇぇ。

第9試合 71kg契約 3分3R
S-Cup 02・04年王者/K-1 MAX05・07年王者
アンディ・サワー
オランダ/チームサワー
○ 判定 3-0 ●
(28-26/28-26/28-26)
 
アンディ・オロゴン
チーム・オロゴン

ものすごく政治的でTV的なマッチメイクかと思ったら、何だこれ?面白い試合だった。
K-1 MAXから1ヶ月もたたないうちの試合と言う事で、サワーのコンディション的な部分でかなりハンデがあったのだろうとは思うが、まさか判定まで持ち込むとは・・・
アンディ・オロゴンは、打たれ強いし気持ちも折れないし身体能力も高いいい選手だ。この調子でまずベースとなる格闘技を一つきっちり習って欲しい。
いつまでも“最強の素人”で通す訳にも行かないだろうし、そろそろ身体能力と付け焼刃の練習だけでは先へ進めない所まで来ていると思う。
本気で格闘家を目指すなら、ここらが分岐点。タレント兼格闘家からの脱却を図るなら、本気で応援したい選手の一人だ。


なかなか面白い試合が多かった。
仙台大会を見た時にも思ったが、シュートボクシングはもっとメジャーになって然るべき競技だと思う。
地上波で放送されるようになれば、もっとメジャーになると思うんだけどな~。

theme : 格闘技
genre : スポーツ

ポケモンゲットだぜ!(笑)

ポケモン

駅へと向かう自転車の上から、ゴミ捨て場前に捨てられた綺麗なDSソフトの箱が見えた。3つも。
一応拾って、駅に着いてから中身を確認すると、予想通り空っぽ。

ちょっとは期待してたけど、まぁ「やっぱりなぁ」って感じだ。

捨ててあった理由は「1:ゲームばっかりしてて親に捨てられた」「2:中身だけあればいい人だった」「3:中身をなくしたor壊した」「4:万引きしてきたので証拠隠滅」のどれかだろうとは思っていた。
で、箱の裏を見たら、どうやら4番が正解。

箱の一つに「ディスプレイ用外箱 カードは入っておりません」と書いてあったのだ。
う~ん、これはどうしたモンか?
店に返しに行っても良いのだが、やぶへびになってら困るしなぁ・・・。
かと言って持っててもしょうがないし、捨てるのも何かしのびないし・・・

悩んだ末に一応持っていってみることにした。
値札で判明した近所のTSUTAYAへ。

「これ、近くの公園のゴミ捨て場の所に落ちてたんですけど、サンプル用のですよね?」
と渡すと、若い店員は非常に恐縮した様子で、何度も「ありがとうございました」と繰り返していた。

拍子抜けするほどあっけなく返す事が出来てよかった。


しかし、万引きする子供達に言いたい。
「万引き」などと言う言葉にするから、スリルを求めてとか度胸試しとか、軽い気持ちで盗みをするのかも知れないが、刑法的には「窃盗罪」だ。
刑法235条により、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられると言う事をちゃんと理解して、犯罪に手を染める事のないようにして欲しい。

地に堕ちた神

ベガルタ仙台サポーターにとって「」と言えばもちろん山田隆裕な訳だが、その隆裕が訴訟を起こされている。
先月22日に原告側が陳述、昨日5日に仙台地裁で口頭弁論が行われ、隆裕が被告本人尋問を受けた。

訴訟の内容は例のメロンパン屋「メロンちゃん」の契約内容についてのもので、大筋では契約内容の不履行が問題になっているようだ。
細かい内容は以下の通り。
  • 契約時には「広島の有名なパン屋の手作り生地を使う」と説明されたのに、2004年5月には明らかに機械で作った生地に変わり、売り上げが多い時で1日1,500個も売れたのが200個以下に落ちた。
  • 契約時には毎月10万円の「組合費」を支払う必要があることなどは説明されなかった。
  • 「地域毎に最大でも5台か多くても7台程度しかメロンちゃんの販売車両を走らせない」と言う約束だったが、気付くと市内に15台以上走っていたため、1店舗あたりの販売数が減った。
  • 販売用のワゴンやフランチャイズ契約の契約書にサインする際、金額や内訳が白紙だったのだが、それについて大丈夫かを確認すると急に怒り出し「私のことを信用できないならやらなくていい」と言われ、脅された形でサインさせられた。
  • 事あるごとに「組合から除名します」などと脅され、除名されると経営が成り立たなくなるため、仕方なくしたがっていた。
  • 当初「生地が今までと違うのではないか」と聞いても「同じです」などと言われていたが、フランチャイズオーナーみんなで山田代表や関係者を問い詰めると、やっと「機械生産に変えた」と認めた。
  • 契約時には「焼き方や売り方など、全て指導します」と言う事だったが、多くても山田代表が初日に2~3個ためし焼きするだけ。ひどい時にはぶっつけ本番と言うフランチャイズオーナーも居た。
  • 契約時には「販売場所を提供してくれる」と言う話だったが、それも最初のうちだけで、後は自分で探すしかなかった。

など。
これに対する隆裕の答えは「こちらに非はない。全部事実無根」って言う事らしい・・・
脅してないし、契約内容は説明したし、生地を機械生産に変えることは事前にフランチャイズオーナーに了承済みだし、機械生産に変えた生地も美味いので、各フランチャイズオーナーの焼き方が悪かったのではないか?と。

隆裕の答えに、傍聴席の原告側からは「ウソだ~」などと言う声が聞こえてきたらしい。
尋問終了後、ファンへのコメントを求められた隆裕は「(裁判が)すべて終わってからでないと、お話しできない」と語ったそうな。
もう、政治家か弁護士のような語り口だな、隆裕・・・

・・・俺が最後に生隆裕を見たのは2004年の仙台駅東口。
真っ黒いスーツに黒シャツ黒ネクタイを締め、サングラスに金髪(プリン頭)、手にはヴィトンのセカンドバッグと言うチンピラかバブルのビジネスマンかホストかと言う格好をして、早歩きでビジネス街に消えていった姿だった。

頼む、隆裕。俺たちの神がこれ以上堕ちて行く姿は見たくない。
金を稼ぐ手段だったのかもしれないが、一度はサッカー日本代表にもなった子供たちの憧れの存在なのだから、周りの人が夢を持てる人間で居て欲しい。
昔、何かのインタビューで「お金は大事だけど、人生お金が全てじゃない」と言っていた隆裕を俺はまだ信じていたい。
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。