スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人はなぜ戦争を起こすのか

終戦記念日に誕生日を迎えたのと、その日前後、戦争に対する考えをツイートする人が増えたのを見て、自分の考えを書いてみたいと思う。
ちょっと長くなりそうなのでツイッターではなくブログで。

■前提、「戦争」とは?
戦争(せんそう、英: Warウォー、羅: Bellumベッルム)とは国家もしくはそれに準じた組織が、軍事力・武力を行使し、作戦・戦闘を組織的に遂行する行為および状態である。
Wikipediaより
戦争の定義は、国際法上「国家同士が軍事力を用いて戦闘行為をすること」となっているが、ここでは国家に限定せずに書いていきたい。

■戦争をするのは人間だけ?
よく同族間で集団により戦闘行為(つまり戦争)をするのは人間だけと言うロマンあふれる自説を持っている方を見かけるが、それは違うと思う。
人間は肉体を進化させるのを止めた生き物だ。
時間のかかる肉体的進化を捨て、知識という使い方によっては無限の加速力を持った進化を起こせるモノを使うようになった。
鋭い牙も爪も強靭な肉体も翼も持たない生き物がこれだけの繁栄をしたのは、知識を持ち統一された意志を持った群れとして行動するようになったからのはず。
これはもう「群体」レベルだろう。
知識により、必要な進化として武器・防具・軍略などを手に入れたんだと思う。
これから、群体≒一個の生物と考えると、同族同士で縄張りや餌、配偶者などを巡って殺し合いをする生き物は割と沢山居る。
むしろ同じ餌や環境を必要とする同種の戦いの方が激しいくらいだ。
違うものと考える人も多いが、個人的には動物の争いと戦争は同一のものであり、人間の大きさと量、そのサイズにもかかわらず群体として争うという特性が、別物として認識させている原因だと思っている。

■戦争は悲劇しか産まない?
産み出す。
戦争ほど技術革新や経済成長を産み出すものは他にないんじゃないかと思うほど。
とは言っても、それは「人間同士が何か(縄張り、利益、食物など)を奪い合う必要がある」と言う前提による。
爪や牙が進化した生物に旧生物が殺されて世代が変わる事を人間は知っていて、知識を用いる事により勝手に進化できる事も知っている。
植物が養分を自衛のための根や葉などに送り、刺や樹液などを分泌するように、その研究をしている科学者には養分=金が与えられる。
科学技術は軍事技術として開発され、エロで広まるってのはよく言われる話。
経済的にも戦時中の軍需はもちろん、戦後の復興や何やらで経済は発展していく。
これは勝利側に限らないことすらある。
勝利し、強大な力が手に入ったその人間の群体は、芸術などの即物的ではない分野に傾倒する。
その権力、金などをつぎ込み、芸術の裾野は広がり、それに伴い頂きも高く発展する。
さらに、貧富の差が生まれることにより、神学や哲学などを含めた思想・宗教も深く広くなって行く。
戦争は技術も経済も文化も発展させるが、それ以上に悲劇を産み出す。
決して悲劇しか産み出さないわけではない、が、当然戦争が必要だと言いたいわけではない。
戦争は良くない側面が多すぎる。

■戦争はなぜ起こるのか?
まず、足りないからじゃないだろうか?
食べ物かもしれない、土地かも知れない、利権かも知れない。
とにかく何かが足りない人がいる限り、戦って勝ち取ろうとするのは生物的に不思議なことではない。
で、例えば世界中の人間が好きなモノを好きな時に好きなだけ食べ、好きな事を好きにやって、好きなモノを手に入れる事ができる安全で不安のない世界になったとして、戦争は無くなるのか?
それはやっぱり無くならないだろう。
なぜか人間には必要十分なモノを持っていても、他の誰かより多く良いものを持ちたいと言う変な感情があるし、尊敬されたいとか、愛されたいとか、物理的な充足感では満たされない欲もあるからだ。
これは武器や進化の源としての知識を手に入れた際に、同時に人間に植えつけられてしまったものだろう。

■戦争は無くせるのか?
知識がなければ人間という種は生き残れなかった、しかし、知識は人間を戦争に駆り立てる。
今のところ人間は戦争を無くせないんじゃないかと思う。

よく「戦争が無くなった皆が満足している世界」と言う設定のSF映画や小説があるけど、そんな世界でもやっぱり戦争しよう、世界と戦おうっていう人間が必ず出てくる。
今を生きる人間にとって、どう考えてもやっぱり戦争は起きるだろうって言う結論にしか達っすることができないと言う分かりやすい現実。
まぁ映画や小説で「超平和な世界での日常」なんてやってもつまらないからと言う理由のほうが大きいってのも分かってるけど、それでもそんな設定に大概の人が「何でわざわざ戦争するの!?」って思わない(思っていても、戦いたがる人の気持ちも解らない事もない)のも事実だろう。

それでもいつか、そういう欲もコントロール出来、物理的にも充足した世の中になった時、戦争は無くなるんだろう。

その時は人間が人間じゃなくなっているような気はするけど。
スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2011/08 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。