スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃

スター・ウォーズエピソード2 クローンの攻撃 (ソニー・マガジンズ文庫)スター・ウォーズエピソード2 クローンの攻撃 (ソニー・マガジンズ文庫)
(2002/06)
R.A. サルヴァトア、ジョージ ルーカス 他

商品詳細を見る
すげー疲れる。
読んでて苦痛に近かった。

まず、重要な登場人物の名前である「クワイ=ゴン・ジン」の名前が、エピソード2から急に「クワイ=ガン・ジン」に変わってしまっていた。
まぁ発音の違いではあるんだろうけど、同じ訳者が同じシリーズを翻訳してるのにコレはないわ。
それが気になって気になって、名前が出てくるたびに引っかかりながら読み進めていたんだけど、その他の名前も別な意味で読みにくい。
日本人的に馴染みのないカタカナの羅列である名称が、イメージが湧くような説明とかキャラ付けを特にしないままどんどん出てくる。
一応外見の説明などは1~2行されるんだけど、それがまた常軌を逸した宇宙生物なので、想像ができない。
スター・ウォーズ好きの人には難しくないのかも知れないが、何となく読み始めた俺的には特に悪役の中堅どころの名前と姿が全然頭に浮かばなくて、話に入り込めなかった。

それから、盛り上がるシーンであるはずのライトセイバーによる戦いが、相変わらず全く叙情的ではなく物理的な動きの説明ばかりが書かれているため、盛り上がりに欠ける。
なんか映画の殺陣シーンの台本みたい。見たこと無いけど。
「ヨーダが右下から左上に向かってライトセーバーを振ります、ドゥークー伯爵が右に体を捻って躱します、次に・・・」みたいな感じで、全然「うぉぉ!やべぇ!スゲェ!アブねぇ!」とか思えない。
著者のマシュー・ストーヴァーと言う人は、スター・ウォーズシリーズ以外の著作が見当たらないし、訳者の富永和子さんと言う人もよくわからない、この人達の本は毎回こうなのかねぇ。
次からこの人達の本は避けることにしよう。
ブラックリスト入り。

まぁ、全然良くなかったかと言うとギブアップせずに読みきれたので、良いところもあった。
え~と、どこだろう・・・中盤のオビ=ワンが潜入調査しているあたりとか?
アナキンがシミを助けに行くまでのところとか。
範囲が区切られて風景も想像しやすく、登場人物も絞られて関係性や容姿も想像しやすく、短期目的も分かりやすく、ジェダイというギミックの強みもよくわかる。
他のシーンと比べて、相対的に読みやすかった。
まぁ「相対的に」だけど。

それでもココまで読んだからには、3作目「シスの復讐」までがんばって読もうと思う。
がんばれおれ~。
スポンサーサイト

theme : 小説
genre : 小説・文学

金星+月+木星

金星+月+木星
今日は西の空で、上から順に金星、月、木星と一列並ぶ珍しい姿が観察できる。
特に望遠鏡などの機材も必要なく、曇ってさえいなければ誰にでも見られるので、時間のある方はぜひとも見てもらいたい。

一応手元のデジカメで何の工夫もなく写真を撮ってみた。
三脚も使わず、特に凝った設定をしたわけでもないのにそこそこの画像が出来上がったので載せてみる。

宇宙は面白いな。

theme : 撮ってみた
genre : 写真

2012 J1 第03節 vs大宮アルディージャ

2012Jリーグディビジョン1 第03節
2012年3月24日(土)13:03 キックオフ ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台
ベガルタ仙台
40 前半 1
4 後半 0
1大宮アルディージャ
大宮アルディージャ

>>公式記録
主審:東城穣 副審:大塚晴弘/竹田明弘 第4の審判:大友一平 記録員:平井恵美子

試合開始から大宮にペースを握られる。
ラファエルや東を中心に前線の選手の溌剌とした動きで、仙台の目指す高い位置でのボール奪取から高速カウンターをやられてしまい、開始早々の8分、CKの流れから先制点を決められてしまう。
まるで仙台の得点パターンを見ているようだ。

その後も仙台の良いところは潰され、セカンドボールも拾えず、大宮のピッチを広く使ったサイドチェンジやサイドを縦に早く攻める攻め方に置いて行かれるシーンが目立った。
やっと仙台らしい守備や攻めが出来るようになってきたのは前半35分~40分くらいから。
赤嶺が少し下がってクサビを受け、キープして散らすようになってから少し落ち着いた感じ。
ウィルソンのキープ力や揺さぶりは、仙台の攻めに必要なんだと思う。
代わりに入った柳沢が悪いという訳ではなく、新戦術における柳沢・ウィルソンそれぞれのパターンにおける周りの選手とのすり合わせが足りない感じだ。

後半に入るとだんだんペースを取りかえし始める。
後半9分に前半から気をはいていた太田が同点ゴールを決めると、ロングボールからのカウンターが決まる。
わずか5分後に柳沢が一人で右サイドを持ち込んで放ったシュートがオウンゴールを誘うと、後はもうイケイケ状態。
28分にCKのこぼれ球をステルス菅井が、37分には左サイドをぶち破った武藤のグラウンダーのクロスを本日2点目の太田が決め、勝負あり。

最終的には仙台にあるまじき4-1と言う夢スコアでの勝利となった。
これにより、2連勝のチームの試合が全部終わった今、3連勝のチームは仙台とFC東京のみ。
得失点差により今週も仙台が首位!

梁が出場していない現在の状況でこうやって勝ち点を稼いでいければ、梁が復帰した夏以降も失速なしで行けそう。
去年の成績が「復興特需」とか言われないためにも、今年も最後までこの調子でいって欲しい。

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

長船加奈選手・上辻佑実選手なでしこジャパン選出

キリンチャレンジカップ2012
ベガルタ仙台レディースDF2番長船加奈選手、MF8番上辻佑実選手が、4月1日(日)から5日(木)にかけて開催する、キリンチャレンジカップ2012 なでしこジャパンvsアメリカ代表、なでしこジャパンvsブラジル代表のなでしこジャパン(日本女子代表)メンバーに選出されました。なお、上辻佑実選手は初選出です。

正直、まだレディースの選手は顔と名前が一致していないし、経歴とかも頭に入っていないけど、普通に嬉しい!
最初からわかってたことだけど、やっぱレディースの選手のほうが日本代表に近い実力を持ってるんだな。

KIRIN CHALLENGE CUP 2012の特設ページはユアスタの画像も出てるし、なでしこのメンバー表にも長船・上辻の両名が「ベガルタ仙台レディース」として記載されてる。
長船加奈選手・上辻佑実選手
上辻選手については澤選手の怪我による選出と言う緊急的な側面もあるだろうけど、ココは一つ大きくアピールしてロンドンまで突っ走って欲しい。

4月1日19:30には聖地ユアスタでのアメリカ戦。
4月5日19:45には神戸のホムスタでブラジル戦。
それぞれTBS、テレ朝系列で中継されるそうなので楽しみにしたい。

しかし、リーグ戦開幕より先に代表としてユアスタでの試合をすることになるかも知れないのか・・・胸熱だな。

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

テイルズ・オブ・ファンタジア クロスエディション

テイルズオブファンタジア なりきりダンジョンXテイルズオブファンタジア なりきりダンジョンX
(2010/08/05)
Sony PSP

今さらながら、PSPで遊んでいた「テイルズ・オブ・ファンタジア クロスエディション」
昨夜終了。
昔スーファミで途中までやった記憶はあるけど、今やっても面白い。
まぁ今風に修正は加えてあるんだろうけど。

いまさらやってる人も居ないだろうけど、ネタバレ含めて感想を。

アニヲタの長女が言うには「声優陣がものすごく豪華」だそうだ。
まぁ確かにみんな聞いたことがある声ではある。かないみか位しか名前は知らないけど。

シナリオもまぁよく作られていて、単純な勧善懲悪でもなければハリウッド的な「全部うまく行きました」と言う大団円でもない。
日本人好みのちょっとひねった風のストーリー。
画面もそこそこ綺麗に作られているし、ほぼフルボイスでしゃべりまくるので古さをそんなに感じさせない。

基本的にはドラクエ・FF的なエンカウント方式のRPGなのだが、戦闘にアクション要素があるため、「とりあえずレベル上げれば必ず先へ進める」訳ではない所がアクションゲーム用の神経が根本からブチギレている俺には苦痛だった。
とりあえずレベルを上げたり、技を習得したりすれば楽にはなるんだけど、「普通ならこのレベルで楽勝なんじゃね?」と言うような敵に何時まで経っても苦戦する。
逆にコンボとかバックステップとか、その辺の操作をキッチリできる人だと楽なのかも知れない。
同様にいくつかのダンジョンで、タイミングよくボタンを押すとか、レバー操作後に素早くある地点まで移動するとか、そう言うイベントもある。
そのうち1ヶ所で超苦戦した。イライラしてやめようかと思った。
普通なら何でもないレベルのアクション要素なんだろうけど・・・

あと、クロスエディションで追加されたロディと言うキャラクターの扱いが雑だった。
イベントシーンでは居ないことになってたり、後半の一本道ではなくなった部分では、前後の繋がりがいまいち分からなかったりして残念。
エンディング手前で割と劇的なイベントが有るんだけど、その後のエンディングでは特に語られず。
戦闘では思いの外役にたってくれて、そこそこ思い入れもあっただけにガッカリだった。

そして最悪だったのはラスボスのダオスとの戦闘。
まさか2回も復活してくるとは思わなかった。

一回目のノーマルダオスとの戦闘は、あまりにもあっけなかったので「次来るな!」と予想できたが、2度目の正体を表した後のダオスが超絶強かった(2回ほど全滅した)ので、その後で復活してきた時にはPSPぶっ壊そうかと思った。マジで。

2度目の復活後に全滅した時には、「ここまでやるってことは、全滅後のイベントがある系か!?」と勘ぐってしまった。
無理やり盛り上げようとした感は否めないが、勝てた時にはたしかにちょっとカタストロフィを感じた。
・・・やっと・・・って感じ。

そこからダオスの言い訳があり、エンディングへ。
エンディングはもうちょっとこう後日談とかあっても良いかなと言うさっぱりしたものだったが、続編があるからそれでいいのかな。

とりあえず、今日からなりきりダンジョンXの方を始めようと思う。
1本でこのボリュームのゲームが2つ遊べるのは結構お得かな。

theme : テイルズ シリーズ
genre : ゲーム

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス

どれから読むのが正しいのかがさっぱり分からず、本棚に置いたまま放っておいたんだけど、3D公開のための番宣やコラボグッズで目に入ることが増え、釣られるように手に取り読み始めたスター・ウォーズ エピソード1。
通勤中の1日15分×2ずつ、1週間ほどで読み終えた。

物語の流れとしては多くの人が知っている通り、若きアナキン・スカイウォーカーがジェダイに見出されるまでが描かれている。
しかしまぁ「スター・ウォーズ」と言うタイトルとは掛け離れてるなぁと言う印象。
奴隷の少年が才能を見出されて立身出世するまでと言う地味なストーリー。
しかもレースシーンがメイン。

ラストの悪玉ダース・モールとの戦いも主人公じゃなく2人のジェダイがメインだし、決着もあっさり。
著者、または訳者の技量か、たぶん映像として「間」とかカット割りとかが加わると格好良くなるのかも知れないけど、少なくとも小説として読んでいる限りはカタストロフィを感じることは出来なかった。

戦いのみではなく、1冊の本として見ても不完全燃焼。
まぁ3部作の1作目って事である程度は仕方が無いのかも知れないし、元々大筋は知っていて読んでいると言うのもあるのかも知れないが、面白く無いとまでは言わないものの、人に勧めるか?もう一度読みたいか?と言えばNO。

とりあえずエピソード2 クローンの攻撃も読み始めたが・・・挫けそうだ・・・。

theme : 小説
genre : 小説・文学

2012 J1 第01節 vs鹿島アントラーズ

2012Jリーグディビジョン1 第01節
2012年3月10日(土)14:04 キックオフ ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台
ベガルタ仙台
10 前半 0
1 後半 0
0鹿島アントラーズ
鹿島アントラーズ

>>公式記録
主審:木村博之 副審:山口博司/越智新次 第4の審判:山内宏志 記録員:平井 恵美子

2012年3月10日、東北地方太平洋沖地震から1年を迎えようとするこの日、復興元年のJ1リーグは開幕した。
宮城県仙台市のベガルタ仙台のホームスタジアム、ユアテックスタジアム仙台で18,250人のを集め、震災で亡くなった方々への黙祷の後、14時04分に笛は鳴った。

仙台の今年の目標は攻撃へのシフト。
昨シーズンリーグ34試合で失点は僅か25点。
リーグ一の堅守をベースに攻撃力を増していこうという狙いだが、守備の要だったチョ・ビョングクが磐田へ移籍したこともあり、新戦力のDF上本大海に注目して見てみた。
攻撃の部分ではFW武藤に期待していたが出場なし。
新戦力の新外国籍選手FWウィルソンがスタメンだったので、そちらも注目していた。


試合開始直後から、ラインを高く保ち、前からプレッシャーを掛けていく戦術なんだと言う事は素人目にも分かった。
選手の意識が統一され、同じ方向性でプレーしているいい兆候だろう。
上本と鎌田のコンビネーションも大きな崩れはなく、去年と同程度の安定感が見られた。
特筆すべきはウィルソンの献身的な動き。
無駄走りも厭わずチェイスし、上手くボールをキープしてくれる。
後半に入っても極端に運動量が落ちることもなく走り続けてくれるのは、仙台の戦術としては非常に助かるプレーだ。
今日は何度も見ることは出来なかったが、裏へのボールに反応してシュートを打つシーンが増えてくれば、得点力の面でも期待できそうだ。

DFの上本の方はどうかというと、新戦術上どうしても裏のスペースを突かれることが増えはしたが、なんとか凌ぎ切ってくれた。
ただ、林のスーパーセーブに救われたシーンも何度か有り、コミュニケーションの部分でもう少しかなと思うフシもあった。
まぁ去年もあれだけバランスをとれた守備陣だけに、同じ日本人同士ならすぐに調整してくれるだろうと楽観している。
上本の場合、今日の貴重な得点もセットプレーで決めてくれたので、今日の評価としてはビョングクの抜けた穴を充分塞いでくれていたと思う。

新戦力以外の部分では、怪我の梁に代わってスタメンSHに入った太田がフリーキッカーとしても活躍していた。
前線での起点となり、得点につながるCKを折り返した赤嶺も昨年同様の強さ。
そして何より決定的なピンチを少なくとも3度は救った、日本代表GK林。
もちろん他の選手も気持ちを強く持ち、しっかり戦ってくれた。

ただ、今年やりたいサッカーの方向性は見えたものの、結局安定感や得点という結果を出したのは、今年の戦術ではなく、昨年の積み上げた部分だったのも事実。
得点の部分なんかその最たるもので、セットプレーからゴール前で赤嶺が競り勝ち、そのこぼれ球を誰かが押しこむという、データ上でも記憶上でも一番良く見た形だった。
今年は裏をとったり、自分たちで組み立てた攻撃の形から得点する戦術的な得点を目指しているはず。

まぁその部分については、今後に期待を持てる試合だったと思うし、完成していない状況でも勝ち点3を積み上げる強さを見せてもらえたのも好材料。

今年一年、ベガルタ仙台を楽しんで見ていられそうな、そんな開幕戦だった。

戦術としては、鹿島の本山とかポイントになる選手を気持よくプレーさせず、イライラさせた時点でこっちの思い通りかなと。
まぁ鹿島の選手の調子がイマイチっぽかった&戦術的に迷いがあったようで、最後のところとか外してくれたので助かった。

あ、一つ苦言を言うとすれば、主審の木村博之氏がちょっとナーバスにフエやカードを出し過ぎたんじゃないかということ。
基準的にはそんなにブレてなかったんだけど、もうちょっと流れを大事に試合をさせて欲しかった。

とりあえず、勝ってよかった。
内容的にはこれからに期待だ。

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

5.25インチ レトロディスクノートブック

5.25インチ レトロディスクノートブック
今時の若いもんは知らないだろうが、俺がパソコンで一番最初にさわったフロッピーディスクは5インチ(5.25インチ)だった。
高校の合格祝いに買ってもらったPC-9801互換機、EPSON PC-286VFでさわったフロッピーディスクのスピードと記憶容量は衝撃的だったなぁ。
何しろそれまで使ってたのはMSXやファミリーベーシックで使ってたデータレコーダーでぴ~ひょろ書きこんだり、読み込み専用だとROMカートリッジで64KBとかそんなのだったから。
1.2MBとと言う大容量をサクサク読み書き出来る5インチFDはその後4~5年付き合うことになった。
5.25インチ レトロディスクノートブック
そんな5インチFDがノートとして復活。
デザイン雑貨のfu-biと言う所から1380円で発売されたらしい。
罫線なしの無地ノートで60枚だそうだ。

これは欲しい!!!

・・・けど、物置のダンボールに入ってる5インチFDで自作してみるってのもアリかな・・・?

theme : 最近気になったニュース
genre : コンピュータ

容疑者Xの献身 - 東野圭吾

「探偵ガリレオ」に続き、一気に読み終わった。

基本的には細かい部分を除いて映画の「容疑者Xの献身」と同じなのでストーリーは知っているんだけど、引きこまれた。
DVDやTVで何度か見ているので、花岡靖子が電話で石神にお礼を言ったところで泣きそうになった。
小説内では石神の心情が説明されているのだが、当然映画のほうでは説明はない、それでも小説に書かれている石神の心情がちゃんと伝わっていた所で堤真一の演技力とかにも、改めて感心した。

また、小説の石神と工藤の容姿の描写がまた面白い。
石神は「ずんぐりした体型で、顔も丸く、大きい。そのくせ目は糸のように細い。頭髪は短くて薄く・・・」と書かれている。
逆に工藤は「端正な顔」と言う以外に細かい描写はないが、つまりは中肉中背なんだろう。
そう考えてみると、映画の配役的に石神(堤真一)と工藤(ダンカン)はまるっきり逆の容姿をしているような気がする。
わざと狙ったのか、映画的にカッコイイ男を主人公(石神)に持ってきたのかは分からないが、ちょっと面白かった。

映画との対比ばかりの感想になってしまったが、物語は面白いし、やはり東野圭吾の書く文章は読みやすいので、小説として楽しんで読めた。
東野圭吾、人気なのも頷けるな。

theme : 小説
genre : 小説・文学

探偵ガリレオ - 東野圭吾

ドラマ・映画を見て気になり読んでみた。
初・東野圭吾。

この「探偵ガリレオ」と言う本は物理学者湯川学を主人公としたガリレオシリーズの第一作目。
それぞれ科学的な現象をトリックの題材とした短編が5本入っている。

ドラマの設定やイメージが頭にあったと言うのもあり、すんなりと映像的に話に入ることができ、読みやすい平易な文章のおかげで最後までさっと読み終わった。

作者の狙った科学とミステリーの融合と言うのが表現できているのかと言うのは良くわからない。
なぜなら、古典から現在まで脈々と書かれ続けているミステリーにおいて、心理トリック以外のトリックは全て当然ながら科学的なものだからだ。
実際、科学的な現象を扱ったというこの本のトリックだって、心理トリックと科学的なトリックの融合だし。
まぁちょっと目先が変わった感じはするからいいけど。
どこに主眼が置かれているかは読んだ人が判断するものだし、それによって面白さが変わる訳でもない。

とにかくミステリー小説として面白かった。

それから、ドラマや映画からこの小説に入った俺としては、湯川=福山雅治と言うイメージで読んでいたんだけど、作者のイメージは佐野史郎だったらしい。
ちょっと年齢的な部分とバドミントンの腕前がかなりのものと言うようなスポーツマンな感じが佐野史郎とは違うかなと思った。
まぁ小説版の湯川の描写を見てると福山兄さんでも無いような気はするけど。

面白いので、同シリーズの他の本も読んでみようと思う。

theme : 小説
genre : 小説・文学

au Wi-Fi SPOT公式サイトで「iOS搭載タブレット(近日公開予定)」

iPad3
au Wi-Fi SPOT公式サイトの利用方法のページ「iOS搭載タブレット(近日公開予定)」と言う文字が。

これは3月7日(日本時間では3月8日)に、サンフランシスコのYerba Buena Center for the Artsで発表イベントが行われると言う次期iPadなのか・・・?
iPad 3だとかiPad HDだとか色々と噂はあるようだけど。

しかしauはiPhoneの時もAppleの発表前に情報漏洩しちゃってたけど、またこんな事やってappleに怒られちゃうんじゃないの?
今auからappleが手を引いたら潰れるぞau。
ソフバンに900MHz帯も持って行かれちゃったし、「auよりSBの方がつながる!しかもiOS製品もSBだけ!」とかなったら息の根止まるマジで。
iPad3

theme : iPad
genre : コンピュータ

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。