スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルケミスト―夢を旅した少年

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
(1997/02)
パウロ コエーリョ
スペインの羊飼いの少年サンチャゴが、色々な発見をしながら、ピラミッドの宝を探す物語。

・・・と書くと凄くワクワクドキドキなファンタジーと言う感じがするかも知れないけど、実際に読んでみると何となく拍子抜け。

最初は文章が非常に平易で淡々と書かれているために、スッと物語に入って行けて良い。
そして中盤、泥棒にあったり砂漠へ向かったり錬金術師に出会ったりと、色々な事が起こってどんどん読み進められる。

しかし中盤以降、その辺に溢れてる「気づき」とか「宇宙との合一」とかの非常に「自己啓発本」や「宗教本」っぽい内容が増えてイライラし始める。

何か事件(選択肢)→(助言)気づく→解決

と言う何とも盛り上がらない内容の繰り返し。


神様はいるんだよー。

お前が心を重ねれば分かるんだよー。

ちゃんと分かれば大丈夫だよー。


そんな感じ。
以前読んだ「聖なる予言」を少々低年齢向けにしたような内容。
ラストまで前述の「気づいたから大丈夫」で話が進むので、冒険と言う雰囲気はなく、気づけば大丈夫だと分かってるので、ドキドキ感もなく。
「ちゃんと気付いたので宝も手に入り運命の女性と結ばれ幸せに暮らしました」

なんすかコレ。
最後はしっかり自己啓発本。

俺はこんなの読みたかった訳じゃねー!


自己啓発本を読みたい人には、非常に読みやすく良い本かもしれないけど。
スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?

群馬県桐生市の市議会議員・庭山由紀氏が、献血車両を見てタイトルのように「放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?」と言うツイートをして問題になっている。

一応、同市議会議員・森山たかひろ氏が各派代表者会議が招集され、問題になっていることをツイートしていたが、庭山氏は「訂正もしないし、謝罪もしない」と断言しているとのこと。

また、議会事務局に対して抗議電話や抗議メールが殺到してることに対する問については「私が責任をとるし携帯番号を教えてください」と答えているとの事だった。

献血に対するネガティブなイメージを植えつけたこと、献血が減るなどの影響については「献血量が減っても仕方ない」「そういう所の血よりも、汚染してない地域の血がいいんじゃないんですか」と答えているそうなので、自分の公人としての発言に対する責任感などは持っていないようだ。

話題づくりなのか本気なのか、こんな人が政治家やってる現状は怖いなと思った。

more...

theme : 痛い奴ら
genre : ニュース

金環日食

金環日食


3月の誕生日に娘に買ってやった日食観察グラスを昨日の夜になって失くしてた事が判明。

せっかく準備してたのに、日食観測は出来なかった。

でも悔しいので、デジカメで撮影したらこんなの撮れた。

変な色。

theme : 金環食・皆既食
genre : 学問・文化・芸術

使徒

使徒

エヴァンゲリオンに出てくる使徒のようなこのデザイン。


実は実際に存在する生き物だった。

アオミノウミウシ


その名は「アオミノウミウシ」

そう、ウミウシの一種。

ハワイとかに居るらしい。
何か日本の海にも居るらしいよ?

アオミノウミウシ

サイズはこんなもん。

だけど、餌は猛毒のクラゲ「カツオノエボシ」とからしいので、飼うのは無理かなぁ。

しかし、何度見てもいいデザインだ・・・。

theme : UMA
genre :

娘十八番茶も出花

今日、長女が18歳になった。

自動車免許がとれる年齢。
深夜までゲーセンとかカラオケに居てもいい年齢。
水商売で働ける年齢。
ギャンブルが出来る年齢(学生は不可だけど)。
アダルトDVDとか見れる年齢。
犯罪を犯した場合、死刑と言う量刑が判断される年齢。
国民投票などで成人として扱われる年齢。

つまりは20歳までの「プレ成人」みたいな期間に入ったと言う事だ。

まぁ他所の子の話を聞いてると、素直に育ってくれてる方だとは思う。
俺が騙されてるんじゃなければw

大人までもうちょい。
がんばれ。
俺も。

theme : 子育て
genre : 育児

田子大橋

田子大橋
震災後、ヒビが入ったり陥没したりで通行止めになっていた近所の「田子大橋」が通れるようになった。

また一つ震災から立ち直った感じがする。

まぁ部分部分だけの修繕で、欄干とかは錆びたままの所とピカピカの所が混在したりしてるし、橋脚だって全部新しくなったわけではないが、とにかくこの橋が使えるようになったのは大きい。

川向こうのスーパーやコンビニに行くにはココを渡るのが一番速いんだけど、車が通れなかったために1km離れた別の橋を大回りしなければならなかったし、本来ならこの橋を渡って通勤する車が全部その1km離れた橋の方へ向かうため、朝の渋滞が酷いことになったりしていたからだ。

予定では19日開通と書いてあったので、今週はまだ通れることに気づかない人も居るかも知れないが、だんだんと震災前の混雑具合に戻ってくれるだろう。

・・・でも、せっかくだから橋をもう少し広げて、橋の上で車がすれ違えるようにしてくれたらもっと嬉しかったのになぁ。
まぁ贅沢は言うまい。

theme : 宮城県
genre : 地域情報

四日間の奇蹟 [DVD]

四日間の奇蹟 [DVD]四日間の奇蹟 [DVD]
(2005/11/21)
吉岡秀隆、石田ゆり子 他
原作の小説が良かったので、DVDを借りてきた。

美しい風景と心地良い音楽は、原作とは少し違った雰囲気ではあるものの悪くなかった。

ただ、500ページ以上の内容(その多くが風景や音楽、心理描写に費やされているとは言え)を2時間弱に収めるのはかなり無理があったと思う。
当然、エピソードは削られ、改変される訳だが、前半の千織と敬輔の微妙な距離感や絆、中盤の真理子の過去に紐付く現在の状況と心理的な部分、後半の敬輔・真理子を中心としたセンター内の人々の心の動きなどが大幅に削られているので、入り込んで見ることが出来なかった。
特にラストのステンドグラスに書かれた文字のシーンなんか、原作未読の人には意味が分からなかったんじゃないかと思う。
たぶん映画の中では語られていない伏線だよなぁ。

千織を演じた尾高杏奈の障がい者の演技がなかなか良かったんだけど、セリフが聞き取れない事が多々あったのが残念。
リアルさも大事だとは思うけど、どうせファンタジーな内容なんだから、その辺もうちょっと映画的でも良かったかな。

後半、千織の中の真理子を表現する手法として、千織の外見が(映画上)真理子になるシーンが多々(と言うか殆ど全て)あったんだけど、そこもかなり違和感があった。
石田ゆり子を起用して前半だけ出演と言うわけにも行かないのだろうし、キスシーンや暴れるシーンなども子役には難しかったのだろうけど、話のプロットであるはずの「心は肉体と別に存在しうるか」みたいな部分が全くぼやけてしまっている。

それから、四方八方にUFOのように発光する灯台(本当にそういう灯台が存在するのかは知らないけど)とか、人工呼吸器が連続したシーンで急に無くなったりとか、暴風の中で外で遊び続ける千織と真理子とか、演出とかの部分で「変なの」と冷めるシーンが多々有ったのも残念。

そんな中でも、ラストの「別れの歌」を片手ずつ使って連弾するシーンは良かった。
そして、倉野を演じた西田敏行の演技。
これはもう別格だった。
植物状態から目覚める妻の手を取り涙する。ただそれだけなのに、今までの苦悩や苦労が報われ、その感動が波のように体中に広がっていくような姿を本当に目の当たりにしたように思えた。

全体的に「原作が良かったから」とDVDを見た俺としては不満が多い。
原作を読まずに見るなら、普通に良い話なのかもしれないが、DVD見るなら原作を読むことをお勧めしたい。

theme : 映画レビュー
genre : 映画

スプートニクの恋人

スプートニクの恋人 (講談社文庫)スプートニクの恋人 (講談社文庫)
(2001/04/13)
村上 春樹
(たぶん)人生初恋愛小説。
何年か(もしくは十何年か)ぶりの村上春樹。

・・・村上春樹ってこんな文章だっけか?
話が回りくどくて、セリフも人物描写も何もかもがイライラまでは行かなくとも苦笑するレベル。
無駄にオサレな言い回しも、社会のありように疑問を抱いている俺カッコイイ的な登場人物の思考も、バブルな時代のトレンディドラマみたいで全く感情移入できない。

主な登場人物は3人で、ストーリーテラーの男は「かっこ良くて女には不自由しないけど一人の女性を愛していて頭も良くてでも世の中に疑問を持ちつつ教師という仕事を持っていてそれなりに金もある自立した男」
もう一人は「文学に傾倒してダンディで金持ちな父親から自由に文章を書かせてもらうためにお金出してもらってる仕事してないものすごく個性的で頭の良い女性」
最後は「社長で美人で自由で数ヶ国語を話せて日本育ちで留学経験もある韓国籍で暗い影もあるけどそれをあまり表に出さない芯の強い女性」

なにこれwww
この登場人物たちがギリシャの別荘でワイン飲みながらとかヨーロッパでワインの買い付けしながら「こういう世の中に対する不安や疑問って皆持ってるよね!俺たち普通だよね!皆同じだよね!」って言ったリするんだよ。
どこにシンパシーを感じろって言うのかw

なかなか本の中の世界に浸れないため、読み進めるのが遅くなった。

ラブ・ストーリーってのはこんなモノなのかもしれないけど、何かを訴えかけるでもなく、読んでいて楽しいわけでもなく。
最後まで文章を読んでも「え?だから何?え?」って感じだった。
村上春樹・・・それとも恋愛小説自体?どっちがダメなのかわからないけど、とにかく俺には無理だ。
もう二度と村上春樹とラブ・ストーリーは読まないぞ。

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

山形蕎麦しゃぶ鍋 大黒 enzou(仙台市青葉区)

山形蕎麦しゃぶ鍋 大黒 enzou

会社の先輩に誘われて、トラストタワー内の蕎麦屋「山形蕎麦しゃぶ鍋 大黒 enzou」へ。
「平日のランチは1,000円以内、なるべく安い所」と言うポリシーがあるので初めて入ったけど、ここはボリュームがある。
鶏そばにちっちゃいチキンカツ丼と天ぷら盛り合わせとかがついたセットで千円ちょい。
蕎麦は太めで固めの蕎麦で、香りもまずまず。
つゆは至って普通。

立地条件考えれば、まぁこのボリュームなら値段も納得か。

ちょっと気になったのは、ランチ時で混んでるのは分かるけど、店員がなかなかオーダーを取りに来てくれなかった事。
あと、店の入口で店員に人数を聞かれた後「少々お待ち下さい」と言われた後放置され、しばらくしたら別な店員に「何名様ですか?」と聞かれ、振り出しに戻ったこと。

まぁ料理は悪くないけど、リピートはないかなぁ。
食べログ

山形蕎麦しゃぶ鍋 大黒 enzouそば(蕎麦) / あおば通駅仙台駅五橋駅

theme : 蕎麦
genre : グルメ

2012 J1 第10節 vs清水エスパルス

2012Jリーグディビジョン1 第10節
2012年5月6日(日)13:04 キックオフ ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台
ベガルタ仙台
00 前半 1
0 後半 0
1清水エスパルス
清水エスパルス

>>公式記録
主審:佐藤隆治 副審:八木あかね/竹田明弘 第4の審判:木川田博信 記録員:平井恵美子

ついに、2012年の無敗も終了。
2010年は清水に負けてから14試合勝ちなし。
2011年は12戦負けなしの後、清水に負けてから9戦勝ちなし。
2012年も9戦負けなしの後、清水に負け・・・ここからの勝ちなし連鎖は避けたい。

試合は前半開始後13分で雷と雹(ひょう)により試合中断と言う前代未聞の出来事があった。
1cm以上の大きさの雹がバラバラと降り注ぎ、13時30分なのにナイターのような真っ暗なスタジアムになる。
佐藤主審の中断と言う判断がもうちょっと遅かったらと思うとゾッとする。

中断後はお互いのフックをピーカーブースタイルでガードし合うような試合。
しかし、今日は清水の方の代表GK林が良すぎた。
何度かの決定的チャンスを紙一重で受け止められ躱され流されてしまう。
仙台の代表GK林もさすがの反応で守り続けたが、朴のサイドから裏に抜けだされて万事休す。
結果的にその1点が決勝点となった。

今日は相手の3トップにDFがワイドに構えざるを得なくなり、数的優位を作って守ることが出来ず、最終的に1対1でのスピードで振りきられてしまった。
ワイドで正確なサイドチェンジをしてくるチームに対しての守備が課題なのは今までにも分かってたことだが、3トップとなるともうどうしようもないのか?
戦術的な相性なのは分かるが、そこは監督にキッチリ対応して欲しかった。
次以降の監督の対応を期待したい。

攻撃に関しては、サイドを破られることが多かったため回数自体は少なかったが、まぁ問題なく攻めてたと思う。
前述の清水GK林のスーパーセーブやDFの足に偶然当たって弾かれる事がなければ1~2点取れてた展開だった。
後は相手DFを引き剥がすためのミドルシュート。
止められる弾かれるは仕方ないとしても、最低限枠に飛ばさなければ脅威になりえない。
全部とは言わないので、せめて半分・・・枠にうって欲しい。

この2年間の成長を示すためにも、連敗は避けたい。
もちろん仙台の場合引き分けだって「勝ちなし」記録と報道される。
やはり勝利を。

とにかく勝利を祈りたい。

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

2012 J1 第09節 vsサガン鳥栖

2012Jリーグディビジョン1 第09節
2012年5月3日(木祝)16:04 キックオフ ベストアメニティスタジアム
サガン鳥栖
サガン鳥栖
10 前半 1
1 後半 0
1ベガルタ仙台
ベガルタ仙台

>>公式記録
主審:福島孝一郎 副審:相樂亨/穴井千雅 第4の審判:日高晴樹 記録員:藤崎隆弘

前節に引き続き上手く行かない試合。

まず主審がJ1をジャッジするのが初と言うことで心配してたが、毅然とした態度でなかなかしっかりとジャッジしてくれていた。
が、試合は荒れてしまう。
お互いに中盤で強いプレスをかけるチーム同士と言うのもあり、激しい当たりを繰り返す両者。
その中で、鳥栖のトジン、仙台の富田がそれぞれ必要以上にエキサイトするシーンが見られ、その雰囲気に飲まれたのか、正当なチャージにも正当なジャッジにも激昂するような一触即発の雰囲気になってしまった。
これでイエローカード2枚に抑えられたのは評価に値すると思う。(主審が)
逆に選手にはもっと冷静にプレーすることを心がけて欲しい。

そんな中、朴が相手の肘で流血してしまったシーンでは、そのファールを流されてしまった事もあり、朴が相手選手に殴りかかる(殴ってはいない)と言うあってはいけない行動に出てしまった。
どんな状況であれ、殴りかかると言うのはいけない。
ただ、怪我の治療からプレーに戻った朴にブーイングをされたのはちょっと悔しかった。

得点は前半19分。
上本がFKを蹴り、相手選手が跳ね返したボールを富田が上手くトラップしてダイレクトボレー。
今まで見たこともないような鮮やかなミドルシュートが決まり先制する。

失点は後半12分。
攻撃に出た所で危険な取られ方をしたボールを、DFラインの裏へ一発で通されて、教科書に載るような完璧なカウンターアタックでの同点弾を食らってしまう。
上本の戻り方、チェイスがどうにも遅く、体の重さを感じてしまう失点だった。

仙台については得点シーン以外に4~5回のチャンスがあったが、松下、関口らのフィニッシュ精度の問題で得点には至らず。
ウイルソンが警戒され、赤嶺不在の今、決定力という部分での不安は隠し切れない。

後半からFWとして入った太田も今ひとつ。
疲労のせいもあるだろうが、もう少し何とか手を打ってもらいたい。

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

ベガchan!50話貯まった

ベガchan↑
去年の震災後、電気が復旧、テレビも液晶パネル交換から戻ってきた2011年4月17日の放送から撮り貯めていた「ベガchan!」が50話貯まった。
4月17日は平瀬アンバサダーのサッカー教室の話。
その次は記念すべき震災後初試合、伝説の川崎フロンターレ戦だ。
その頃の映像は、画面の左と下が枠のように震災情報で囲まれていて、その枠を見るだけでもちょっとドキドキする。

でもここまで50話のほとんどが、勝利や上位進出、レディースやオフシーズンのイベントなど、楽しい話題で埋められていてよかった。
1話が5分の番組なんだけど、CMカットしたら初期で1分15秒、今は1分程の番組なので、実際50話でも1時間以下。
100話くらい貯まったらBDに焼こうと思ってるんだけど・・・来年になるなーw
HDDレコ
今年の4月15日のベガchan!はベガルタ仙台レディースのホーム初試合の回で、応援しに行った次女がピックアップされたのもいい思い出になった。
永久保存版としてとっておきたいと思う。

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。