スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 J1 第05節 vs鹿島アントラーズ

2010Jリーグディビジョン1 第05節
2010年4月4日(日)13:04 キックオフ 宮城スタジアム
ベガルタ仙台
ベガルタ仙台
21 前半 0
1 後半 1
1鹿島アントラーズ
鹿島アントラーズ

>>公式記録
主審:井上知大 副審:岡野宇広/数原武志 第4の審判:桜井大介 記録員:土田麻希子

3年連続王者鹿島アントラーズを迎えたホームの宮スタ。
23,214人と動員は思ったより伸びなかったが、鹿島サポのチャントもなかなか声量があり、いい雰囲気だった。

しかし、そんな雰囲気も1瞬で変わる。

試合開始直後の前半16、菅井のロングフィードを中原がポストとなって落とし、そのボールを粱がミドルシュート。
ポストに弾かれたボールを鹿島DFが中途半端なクリアをしたのを見逃さず、フェルナンジーニョがゴール左隅へ流し込む。

先制。

さらに、浮き足立った鹿島を象徴するように、再三肘を使ってファール続けたマルキーニョスが、菅井の顔面にしょうていを食らわし一発レッドになったのは前半15分。
鹿島は残りの75分を数的不利で戦う事になった。

数的有利のおかげか、思ったより中盤で勝てる仙台は、総シュート数でも鹿島を上回り良い試合展開を続ける。
後半16分にはまた中原が競り勝って浮かしたボールに走り込んだ粱がゴール前で落ち着いてフェルナンジーニョへラストパス。
これまた落ち着いて蹴り込んだフェルナンジーニョが2得点。
その後もあわやハットと言う活躍のフェルナンジーニョ。

鹿島が大迫や小谷野を投入したことで中盤の競争力が高まり、防戦一方の展開になってしまい1点返されたが、何とかリードを守りきり勝ち点3をゲットした。
ホーム無敗記録を24試合まで伸ばしたが、さすがは王者鹿島。
マルキーニョスの退場が無ければと思うと怖すぎる。

今回の試合、マルキーニョスへの一発レッドの他、鹿島には3枚のイエローカードが出た。
仙台側では菅井がPA内で倒されたのが何故かシミュレーションを取られてイエロー1枚。
ちょっとジャッジに主観が入りすぎてた感じだった。
まぁ井上だし仕方が無いか。

勝ち点が2桁の10に上がり、J1リーグの順位は3位。
1位清水、2位鹿島、3位仙台。

幸せだ・・・w
しかし・・・ビールの消費量が増えて困るなぁw

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

comment

Secret

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。