スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮城県でも戸籍上生存高齢者千人超

各地で相次いで見つかっている「戸籍上は生存しているが、既に亡くなっているor行方不明の100歳以上の高齢者」だが、宮城県でも相次いで見つかっている。
岩沼市で見つかった「桜田門外の変」が起こった1860年(万延元年)生まれの150歳女性を筆頭に、気仙沼市は最高齢147歳を含む200人、角田市は最高齢136歳を含む97人など、大崎市や石巻市など、県内全体で既に1,000人を超えた。

「戦後のドタバタやブラジル移民などで死亡届が出ていなかったのだろう」と言う話だが、今まで何度もチェックする機会はあったはずだろう。
戸籍電子化の時とか、市政化した時とか、市町村合併した大崎市とかはどんなデータ引継ぎしたんだって話だわ。

それはそれとして、100歳以上じゃなくても、年金をもらってる人については最低限年1回の対面確認って必要じゃないだろうか。
日本年金機構が全国の85歳以上の年金受給者に所在確認の書類提出を求めている件数は2万7千件ほど。
その中で今現在800人程度は不正受給の可能性が高いと言う調査結果が出ているらしい。

今現在、住基ネットに登録されてれば自動的に年金が継続されてるらしい。
それでなくても、登録されてる住所に「現況届」って言うハガキが送られてきて、誰かがそれを返送して来れば継続されるって言う詐欺し放題な現状。

これはもう一斉調査が必要な状況だと思う。
でも100歳とかの年金不正受給だと、不正受給してる家族も年金もらってるような年である可能性が高い訳で、遡って返還させるって言うのは難しいかもしれない。
ひどい話だ。

theme : 社会問題
genre : ニュース

comment

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。