スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-Part.Iが非常に微妙だったので、DVDはあったもののずっと見てなかった「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」をやっと見た。

ストーリー
西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が作戦を仕掛けようとする中、周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)がある行動に出る。


なんだこりゃー。
赤壁の戦いは、周愉や孔明や曹操・孫権・劉備などが主役じゃなくて女性が主役の物語だったのか?
劇中における重要性で言うと以下のような感じ。
孫尚香>>>小喬>>>>>>曹操>周愉>孔明>>>>孫権>>越えられない壁>>劉備

圧倒的な軍事力に対抗する神算鬼謀の集大成がこの赤壁のキモなはずなのに、連環の計はあまり意味を成さず、苦肉の計なんか「孫尚香のスパイ大作戦」を有効にさせるため、バッサリ却下されてしまう体たらく。
手を組みつつも裏で権謀術数の限りを尽くす軍師たちであるはずの周愉と孔明も、何か仲良しさんグループになっちゃってるし、曹操はエロオヤジで最後には捕まっちゃうし。
って言うか、ラストシーン。
なんで曹操を捕らえたのに「行けっ!立ち去れ!」なんだ?
そこは首刎ねるでしょ常識的に考えて。
歴史変わっちゃうけど。

もうね、Part.Iを見たとき以上に(゚Д゚)ハァ?って思った。
思い続けた。

これならもっとハリウッド的に戦闘シーンのみガンガンにやってた方がマシだったんじゃないだろうか?
謀略や計略のシーンでもなく、戦闘シーンでもなく、美人2人の冒険シーンがメインってどんだけ三国志なめてんの!?
ジョン・ウーはもう三国志とか語らないでくれ。
鳩でも飛ばしとけ。

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

comment

Secret

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。