スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 J1 第01節 vsサンフレッチェ広島

2011Jリーグディビジョン1 第01節
2011年3月5日(土)14:04 キックオフ 広島ビッグアーチ
サンフレッチェ広島
サンフレッチェ広島
00 前半 0
0 後半 0
0ベガルタ仙台
ベガルタ仙台

>>公式記録
主審:松尾 一 副審:八木 あかね / 中野 卓 第4の審判:池内 明彦 記録員:池内 明彦

2011シーズン開幕!

2011年のスタメンはGK林、DFに朴、鎌田、、菅井、守備的なMFに義希、角田、梁、関口、FWはマルキーニョスと赤嶺。
大幅に変わるかと思われたスタメンだが、ラインごとに1人の変更と言う思ったより元の選手が頑張ったような形になった。

試合はスコアレスドローだったけれども、結構見ごたえのある内容。
マルキーニョスが前線からのプレッシングと一瞬のキレでゴールを狙うシュート、そして前線でボールを失わないキープ力でチームに安定感をもたらし、プレッシャーの薄くなった赤嶺や梁の活躍を助長した。
関口はそこそこ良い攻め上がりを見せたが、見せ場らしい見せ場もなく、シュートも精度を欠き途中交代。
日本人2人となったボランチは義希はやや攻撃寄りで、角田が守備寄りで、コミュニケーションも良く危なげ無くこなした。
もう少し前に絡んで欲しかったが、それは今後の課題ということで、とりあえず及第点だろう。
守備の面ではサイドを破られるシーンが何度かあったが、林を中心に上手く連携できていた様子。
大崩れはないだろうと思わせる安定した守備は、今年も健在だった。
とは言えピンチがなかったわけでも無く、何度か決定的なシーンを作られてはいた。
李忠成ではなく寿人だったら2-0くらいで負けていた可能性もある。

まぁそこはJ1。甘くはない。

ただ、マルキーニョスを中心とした攻撃は、迫力もあり、カウンター以外でも攻撃の形を作れるようになっていて、手倉森監督の理想であろう「人もボールも動くサッカー」に近づいたような感じ。
これで2列目3列目との連動的な攻撃が出来るようになれば、J1で戦っていけるだろう。
流れの中での攻撃に怖さが出来たため、相変わらずの武器であるセットプレーの重要性も上がってきた。
相手チームとしては、仙台の攻撃自体に怖さがあるため、ファールしてでも止めなければならず、しかしファールしてしまえばセットプレーが待っていると言う2段構え。
今年一年、また楽しませてもらえそうだ。

来週はいよいよホーム開幕。
しかも昨年の王者名古屋を迎える。
ここで勢いをつけて、地元のサポーターに勝利を見せて欲しい。

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

comment

Secret

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。