スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界柔道2007

井上、鈴木の微妙な判定はあったものの、最終日前日まで金メダルの無かった「世界柔道2007」、日本柔道もこれまでかと心配されたが、最終日に金メダル3つを立て続けに取り、何とか日本柔道の面目を保った。

しかし、内容に不満が無いわけではない。
オール一本勝ちと言う快挙を成し遂げた無差別級の棟田は別として、金を取った塚田、谷ですら優勢勝ちが殆ど。
最後まで一本勝ちを狙う美しい日本柔道の姿は見ることはかなわなかった。

まぁそれも「今の柔道」つまり「国際柔道」がそう言う方向に進んでいるって言うのもあるのかもしれない。
誰が見ても分かる事だと思うのだが、今の柔道は組み合った時の姿勢が美しくないのだ。

組んだ時に投げを食らわないように頭を下げ、足技を食らわないように腰を引く体勢。

judo
↑こんな体勢(写真はイメージですw)

その体勢にならなかったのは、谷と棟田だけ。相手としてはキューバの選手が良かった。
そんな体勢でやってる「柔道」と言う競技を見て、「俺も柔道やりたい!」と思う若い人が居るのかって言う話で、確かに勝つことは大事かもしれないけど、柔道の格好良さをスポイルしてまで勝負する必要は無いんじゃないかと思った。
現に谷と棟田は勝ててる訳だし。

それから、前に第3回柔道ワールドカップを見たときにも思ったんだけど、外国人選手・特にフランス人選手の帯がゆるい。
ちょっと衿を掴んだだけで、ズルズルとはだける胴衣。これでは投げが打てない。
ポイントの取り合いをするスポーツとしては、これも作戦のうちなのかもしれないが、「柔道」と言う「道」を究めようとする者としては恥ずかしい事だと思う。

少なくとも俺が学生の頃に格好良いとおもった柔道では無かったのが残念だった。
格好良い柔道が見たい。オリンピックに期待しよう。

theme : 柔道
genre : スポーツ

comment

Secret

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。