スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 J1 第03節 vs大宮アルディージャ

2012Jリーグディビジョン1 第03節
2012年3月24日(土)13:03 キックオフ ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台
ベガルタ仙台
40 前半 1
4 後半 0
1大宮アルディージャ
大宮アルディージャ

>>公式記録
主審:東城穣 副審:大塚晴弘/竹田明弘 第4の審判:大友一平 記録員:平井恵美子

試合開始から大宮にペースを握られる。
ラファエルや東を中心に前線の選手の溌剌とした動きで、仙台の目指す高い位置でのボール奪取から高速カウンターをやられてしまい、開始早々の8分、CKの流れから先制点を決められてしまう。
まるで仙台の得点パターンを見ているようだ。

その後も仙台の良いところは潰され、セカンドボールも拾えず、大宮のピッチを広く使ったサイドチェンジやサイドを縦に早く攻める攻め方に置いて行かれるシーンが目立った。
やっと仙台らしい守備や攻めが出来るようになってきたのは前半35分~40分くらいから。
赤嶺が少し下がってクサビを受け、キープして散らすようになってから少し落ち着いた感じ。
ウィルソンのキープ力や揺さぶりは、仙台の攻めに必要なんだと思う。
代わりに入った柳沢が悪いという訳ではなく、新戦術における柳沢・ウィルソンそれぞれのパターンにおける周りの選手とのすり合わせが足りない感じだ。

後半に入るとだんだんペースを取りかえし始める。
後半9分に前半から気をはいていた太田が同点ゴールを決めると、ロングボールからのカウンターが決まる。
わずか5分後に柳沢が一人で右サイドを持ち込んで放ったシュートがオウンゴールを誘うと、後はもうイケイケ状態。
28分にCKのこぼれ球をステルス菅井が、37分には左サイドをぶち破った武藤のグラウンダーのクロスを本日2点目の太田が決め、勝負あり。

最終的には仙台にあるまじき4-1と言う夢スコアでの勝利となった。
これにより、2連勝のチームの試合が全部終わった今、3連勝のチームは仙台とFC東京のみ。
得失点差により今週も仙台が首位!

梁が出場していない現在の状況でこうやって勝ち点を稼いでいければ、梁が復帰した夏以降も失速なしで行けそう。
去年の成績が「復興特需」とか言われないためにも、今年も最後までこの調子でいって欲しい。

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。