スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイト・ミュージアム

ナイト・ミュージアム溜まってるDVDを見ることにした昼休み、今回は「ナイト・ミュージアム」を見てみた。
CMを見てあまりのバカバカしさに見る気を失っていたのだが、とりあえず見てみることに。

ストーリー
ニューヨークに住むラリー・デリー(ベン・スティラー)は、現在失業中。しかも最愛の息子ニック・デリー(ジェイク・ジェリー)は、元妻の再婚相手になついてしまっている。父子の絆を取り戻すため、まずは仕事を持とうと決心したラリーは、自然史博物館の夜警の仕事に就く。しかし勤務最初の夜、ひとり見回りを始めたラリーは愕然とする。ホール中央にあったティラノサウルスの骨格標本が、忽然と消えているのだ!その直後、ラリーは館内を動き回るティラノサウルスに追いかけられ…?!

とりあえず見て一番最初に思ったのは、「デボン・シャイアー出たよコレ!」だった。
前任者の警備員3人のリーダー格「セシル・フレデリックス」がディック・ヴァン・ダイクなんだけど、彼の吹き替えが中村正さんだったのだ。
ほらあれ、ナイトライダーのデボン・シャイアー、古い人には奥様は魔女のナレーションの人と言った方が分かりやすいだろうか?
この声聞いてるだけで幸せになるな~w

まぁコレだけで元取った気分なんだが、中身の方に話を進めるとこれが・・・
思ったより良いのだ。(最近こんなんばっかりだが。)

話はくだらない。博物館の展示物が動く。これだけ。
コレだけなんだけど、とにかく分かりやすさとテンポの良さだけで最後まで一気に見れる。

もちろん当然のごとく無理矢理でご都合主義の展開はあるんだが、そんな事は気にしないで見る映画だろうと思う。

リアルな現実から始まって→不条理な事件→主人公の意識改革→戦い→大団円と言う展開は、いかにも能天気でハリウッド製B級映画を見ていると実感できる。
エンディングの能天気さ、無理矢理な幸せさはもう一種の芸術と言えるかもしれない。

くだらなさと能天気さを楽しむ映画なので、暇つぶしにはもってこいの映画だった。

theme : DVDレビュー
genre : 映画

comment

Secret

私もこの映画はCMでいっぱいやってたので、くだらなそうだけど見てみたいと思ってました(笑)
結末は想像できますけど(^^*ゞ

ところでHERO'Sってアメリカのドラマのことだと思ってました(笑)そっちはHEROESでした。
今度スカパーで始まるので、契約しようか迷ってたので勘違いしてしまいました(>_<)

ささかまさん

とりあえず、くだらなさは保証します(^^;
「うわ~下らねぇ~(^o^;」と思ってるうちに終わっちゃいます。
ラスト前、ちょっと感動した自分が許せないです(^^;
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。