スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2 第07節 vs徳島ヴォルティス

Jリーグディビジョン2 第07節
2008年4月12日(土) 13:34 キックオフ  ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台
ベガルタ仙台
10 前半 0
1 後半 1
1徳島ヴォルティス
徳島ヴォルティス

>>公式記録
主審:野田祐樹 副審:浅野正樹/数原武志 第4の審判員:矢部鋼治

主審がハゲなのでゲームがぐちゃぐちゃにされるかもと心配していたんだけど、思ったよりはマトモで一安心。
でも、ファール流しすぎだし、後半に入ったらやっぱり判定おかしくて頭にきた。
あれだけファール流してると、選手もだんだん激しいチャージをするようになるので、怪我も増える。止めすぎるとゲームがつまらなくなって流れが切れちゃうから難しいところだけど、そこはプロの主審、ちゃんとして欲しい。
あと、前半の中原のヘディングシュートは、相手選手が左手で掻き出していた。
どう見てもハンド。ぶつかって跳ね返ったとかじゃなくて、左手で前方に投げてる。アレがハンドじゃなければ何がハンドなのかと。
得点機会阻止で一発レッド&PKってのが妥当だと思う。

試合はボールを支配し続けた仙台が、何時も通りの決定力不足を露呈し、前半を0-0で終える。
あの試合内容で無得点ってありえない・・・
後半17分に流れるような展開からやっと関口がゴールを決めて先制したが、その後がよろしくない。
パスミスから相手にカウンターをガンガン決められ、特にドゥンビアには2人3人とDFが付いても振り切られてピンチになり捲る展開が続いた。

失点は後半30分。
クリアボールが中途半端になった所を、2列目から飛び出してきてゴールを決められた。
交代したばかりの選手だったためか、セットプレー直後だったせいかDFが全然付いていなくて、どフリーから打たれたシュート。
でもDFがコースを切っていたと思ったんだけど、何故かボールをかわしていたように見えたが、あれはコースが変わってGKが取れなくなることを心配したのか、それともゴールを逸れていると勘違いしたのか・・・?
とにかく失点してしまい、さらにゴール前の競り合いで岡山が首を負傷。
替わった一柳はまぁよく守っていたとは思うが、オフィシャルによると岡山の怪我は頚椎捻挫で全治2週間。
木谷も全治2週間だと言うのに、それでなくても少ないCBがもう広大一柳細川しか居ない状況になってしまった。
直樹がCB出来るとは言え、やっぱりCB足りないよなぁ。
今後が心配だ。

ちゃんとチャンスの3分の1でも決めてれば、楽勝だった試合。
勝ち点2を失った試合だった。
勝ち点1差で昇格出来なかったシーズンとか、せっかくの経験を無駄にしないで、1試合1試合を大事に戦って欲しい。

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。