スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2 第23節 vs水戸ホーリーホック

Jリーグディビジョン2 第23節
2008年6月28日(土)13:04 キックオフ ひたちなか市総合運動公園陸上競技場
水戸ホーリーホック
水戸ホーリーホック
30 前半 3
3 後半 1
4ベガルタ仙台
ベガルタ仙台

>>公式記録
主審:池田直寛 副審:森本洋司/田尻智計 第4の審判:藤島慎悟

今回の主審は「試合を荒らす男」池田
この人が笛を吹くと、カードが舞い飛び、得点が入りまくる、ノーガードの打ち合いになる事が何故か多いと言う不思議な主審。
ちなみに、今回のカード数は両チームで黄紙9枚、得点は量チームで7点。やっぱり荒れてる。
最近は自分のジャッジ能力の低さに気付いたのか、副審の言う事を良く聞く様になり、誤審自体は減ったようだが、そのせいでジャッジが遅かったり、試合中にジャッジが覆ったりと見ている方もプレーしている選手もイライラする。
進化するんだったらちゃんと進化してくれ。

さて、発表されたスタメンを見ると、中島に代わって田中がスタメン復帰。
田中は裏を取ったりドリブルで仕掛けたり相手DFを引きつけたりと仕事をこなしていた。シュートが打てなかったのは問題だが、FWとしての怖さで言ったら中島より数段上。
怪我からの復帰戦と言うことで、後半早々にベンチへ下がったが、コンディションを上げてスタメンに定着して欲しいもんだ。

試合は前半6分と言う早い時間に、の直接FKが相手DFの壁を超えてゴール右上隅へと突き刺さる所から始まる。
このFKはゴール右斜めから右足のキックなのに、右上隅へと美しい弧を描いて突き刺さったと言う芸術的ゴール。
さらに19分には田中がドリブル突破でゲットしたPKをまたもやが落ち着いて決め2点目。
そして、伝説になり得るほどのインパクトを放ったのは、23分の田村のロングシュートだ。
ほぼセンターサークルの位置から振り抜いたシュートは、相手GKの頭上を抜きゴール左上隅へ。
今期DVDが発売されたら、絶対に収録されるだろうゴールだ。
のFKも凄かったのに、田村に話題を持っていかれた感じ。

こんな調子で前半を0-3で折り返す。チームには楽勝ムードが漂っていた。

しかし、後半9分に村松が出てくるとゲーム内容が一変してしまう。
交代直後の後半10分、村松のクロスから相手FWにゴールを決められ、25分には村松自身にシュートを決められ、28分にも立て続けにゴールを許し、3点差をあっという間に0にされてしまう。
嫌ぁな雰囲気になったが、後半32分にのCKがゴール前にこぼれて混戦になった所、中原平瀬が突っ込んで、何とか平瀬が押し込み再度勝ち越す事に成功。
その後、ロスタイムの5分も加えて18分間、ギリギリの試合を耐え忍び、勝ち点3を得る事が出来た。

たまには「楽勝で勝ったぜ!選手全員完璧!監督の采配も最高!」と胸を張ってブログに書ける様な試合をして欲しい。
良く古くからのサッカー好きが「サッカーの試合で一番面白いのは2-3か3-4でシーソーゲームの末に、自分の応援しているチームが勝つ試合だ」と言うが、3点取ってから3点返されて勝ち越す試合はシーソーゲームとは言えないよなぁ。

theme : ベガルタ仙台
genre : スポーツ

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。