スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC世界フライ級タイトルマッチ

WBC世界フライ級チャンピオン内藤大助(33)と同14位の亀田大毅(18)の12回戦が行われた。

結果は予想通り内藤の圧勝。
予想外だったのはジャッジのスコアがマトモだった事。
残念だったのはK.O.で亀田を倒せなかった事かな。

亀田の最年少記録のために、調整期間が3ヶ月と短かった内藤は動きがやや硬く、中盤以降、亀田のバッティングや投げやローブロー、後頭部への打撃、転がった後グランドでのパンチなどなどの反則に熱くなりすぎたきらいはあったが、まぁあんなもんかと。

内藤にはもうちょっとちゃんとボクシングして欲しかった。

最終ラウンドには、勝てないことを悟った亀田が裏投げとかDDTとか仕掛けてきて、もうボクシングじゃない惨状になってた。
何だアレ?亀田はボクシング界追放の方向でお願いしたい。
世界に向けてあんな物をお見せするのは国辱モノだ。
亀田兄弟には大阪プロレスへの移籍をお勧めする。

内藤も、こんなお笑い芸人との茶番に付き合うのはこれっきりにして、今後はボクサーとボクシングの試合を行って欲しい。

theme : ボクシング
genre : スポーツ

comment

Secret

おっと、なかなか辛口ですねぇ^^
マスコミに祭り上げられた者より、真面目にボクシングをやってきた者が勝つのは当然です。
亀さん兄弟はこの先どうなるのでしょうね・・・

ちょぽるさん

内藤が負けるとしたら「ラッキーパンチ一発」か「八百長判定」か「バッティングによる内藤の出血でドクターストップ」くらいしか思いつきませんでした。
亀田兄弟の試合は上二人しか見てませんが、モノになりそうなのは一番上だけですね。
一番上もちゃんとしたトレーナーの居るジムに移籍して、ボクシングという物を一から勉強して欲しいです。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。