スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給食費問題

全国的に問題になっている「給食費未払い問題」で、北海道の小学校が足りない分の給食費を補うため、給食の量や質を落とすと言う決定を下したそうだ。
例えば「りんご4分の1→8分の1」とか「牛肉→鶏肉」とか。


何なんだ?
なぜ真面目に払っている家庭の子供たちが未払いの家庭の分まで責任を負わなければならないんだ?

そもそも未払い問題の問題な点は「払えるのに払わない」人がいると言うことに尽きる。
それが積もり積もって全国で22億円と言うのだから、もう笑うしかない状況だ。
この状況を築いた原因には、マスコミの無責任な報道ってのも一枚噛んでるんじゃなかろうか?
マスコミ的には「こんなバカ親が居ますよ」と言う報道をしたつもりなんだろうが、それを見て「払わない人ってそんなに居るのか。って言うか払わなくても罰則無いのか。じゃ、うちも。」となったのは想像に難くない。

それから勿論、払わないバカ親。
月に数千円の給食費を払わず、しかも「頼んでないのに給食なんか出すな」とか「義務教育なんだから無料にしろ」とか「払わなくても罰則無いなら払わない。嫌なら給食をやめてみろ」など、もう厚顔無恥。

後は、強い態度で事に当たらないお役所も問題だ。
日和見の事なかれ主義だから何年も何年も踏み倒し続けられたりするんだ。で、やっと問題が公になって、告訴したかと思ったら、時効が成立しちゃってて全額取れないとか、馬鹿じゃねぇの?

で、話は戻るが給食の質や量を落とすというのは、どう考えてもダメだろう。
なぜなら、今まで真面目に払ってきた親の中にも「真面目に払っても質や量を落とされるなら、払わなくても同じだ」と言う人が出てくる可能性が高いと思うし、そこまで行かなくても不公平感は抱くに決まっているからだ。

では、どうするのが一番いいのか?

それを語る前に、前提条件を書いておく。
「義務教育とは、親が子供に教育(含食育)を受けさせる義務であり、子供は教育を受ける権利を持つ」
「教育を受けるためには、その前提条件として、教育を受けるにふさわしい環境を周りの大人が構築する義務がある」
「食事をしたのにお金を払わないのは、明らかに犯罪である」
「子供に、必要な栄養素を満たした満足な食事を与えない事は虐待である」

以上を踏まえて、対策を考える。

◆給食費を払わない家庭の子供には給食を食べさせない?
NO。
そんな事をしても財政には殆ど何の影響も出ないし、そもそも権利を侵害されている子供に責任を取らせるのはお門違い。

◆給食を一部・または全部取り止め、弁当にする?
NO。
給食費を払わない親が栄養的に満足な弁当を持たせるとは考えられないし、本当に給食費を払えない親が困る事になる。

◆公金を投入し、給食を無料にする?
NO。
現状でも公金は投入されている。授業料や病院の診察料は払うのに給食費だけこれ以上の公金投入は建設的でない。

◆給食費の未払いに罰則を設け、法的措置をとる。
基本的にはYES。
罰則は窃盗罪と同様に10年以下の懲役または50万円以下の罰金とし、時効も同様に公訴時効10年、刑の時効を15年とすべきで、罰金を支払ったとしても、賠償金は支払われなければならない。
基本的にはこれで良いと思う。ただ、判例として「時効」が成立した分は支払う義務が無いと言う判決が出てしまっている今、全額の回収は難しい。なにしろ現行法では時効は2年となっているし。
それに判決が出るまで時間がかかるし、お金もかかると言う問題はある。
告訴まで行かなくても、給食費の督促を親の会社に送るなどの強硬な手段に訴えるだけでも、未払いは殆ど無くなる様な気はする。実際そう言う対応をしたおかげで、未払い家庭が0と言う自治体もあるのだ。
間違っても学校新聞などで未払いの家庭を記名するなんてことはしちゃいけない。
子供の交友関係に近しい人がそう言う情報を持ってしまうと、子供と言うのは敏感なもので、必ず噂になり、ひいては虐めの原因になりかねないからだ。
何度でも書くが、責任を取るべきは教育を受けさせる義務を持つ親であり、教育(食育)を受ける権利を侵害されている子供であってはならないのだ。


色々書いてきたが、本当に給食費も払えないような貧しい家庭は、学校側でもきちんと対応してくれるはずだし、公立校では免除の制度もある。
しかし、たかだか毎月数千円の給食費。子供のためなら何とでもなるはずだ。4~5時間もバイトするか、2~3時間残業すれば良いだけ。
身体的な理由で支払えない人以外、本来問題になる金額ではないはずだ。要は払う気があるかどうかと言う問題で、実はだからこそ話し合いだけでは解決しない問題でもある訳だが。

子供が大事ならちゃんと払え。自分の言ってる事が本当に正しいと思ってるなら、ファミレスで同じ事をやってみろ。バカ親どもが。

comment

Secret

難しい問題ですね

成長期の子供の昼食の量や質を落とすのは反対です。
出来れば税金の無駄遣いを無くしその分のお金で
無料にするのがいいと私は思います。
払いたく無い人から取れるかどうか分からないことに
費用を掛けるのもバカバカしい話ですよね?
いずれにしても難しい問題ですね。

花岡実太さん

今現在、給食の調理や運搬などにかかる経費は税金で賄われています。
給食費として支払われているのは、材料費のみです。
その税金は、給食を食べる子供の居ない家庭からも徴収されている訳で、医療・ゴミ処理などと違い、給食と言う一部の人間が利益を受ける制度くらいは受益者負担で良いのではないでしょうか?
そのためには、法令を整備し、信賞必罰を徹底させるべきだと私は思います。

それは分かります

給食に掛る費用全てを給食費で補えないことは分かります。
でも将来を担う子供達に税金を使ってもいいんじゃないかなと思った次第です。
もし法的にするなら仙台市の場合、ある一定の家庭には児童手当が出ておりますが、
給食費を支払わない家庭には児童手当の給付停止とかもいいんじゃないでしょうか?
もっとも一定以上の所得がある家庭には児童手当の給付はされませんから
その場合は直接請求するしかないかもしれません。




花岡実太さん

給与所得者の場合、給料天引きが一番確実だと思います。
「払わなければならないもの」として、所得税などと同様に徴収できる制度が出来てくれれば良いと思います。

でもまぁ本来ならこんな事考えなくても、子供が食べるご飯の代金は親が支払うと言う当然のことを、すべての人があたりまえに出来れば一番良いんですよね。

もう性善説は通用しない世界になってしまったんでしょうか。残念です。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。