スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グイン・サーガ

グイン・サーガ タイトル
知らんかった!
何か4月からあのグイン・サーガがアニメ化してBSで放送してたらしい。
え~!?どっからどこまでアニメ化するんだ?今125巻くらい出てるぞ!?

・・・って、知らない人のために一応グインサーガとは何かを説明しておくと、グイン・サーガとは、俺ら世代にとって聖なる年「1979年」に魔界水滸伝やぼくらシリーズで有名な栗本薫によりSFマガジンで連載が開始され、ハヤカワ文庫より出版された長編ヒロイックファンタジー小説。
しかし、ただの長編ではなく、最初の構想によると正伝100巻・外伝25巻と言うとんでもない長編小説だ。
しかも、最初の構想はどこへやら、現在正伝126巻・外伝22巻が刊行され、未だに物語に終止符が打たれる雰囲気すらないと言うお化け小説だ。

俺は中学1年の時にこの小説に出会い、70巻くらいまではリアルタイムで読んでいたんだけど、仕事が忙しくなって中断したら何となく読み進める気持ちが萎えてしまっている。

で、それがアニメ化と言うので、さっきの「どっからどこまでアニメ化するんだ?」と言うセリフに行き着く。
調べてみると、どうやら辺境編~戦乱編までの1巻~16巻、たぶんレムスがパロの王位につくまでをアニメ化するようだ。
ふむ、1年くらいでやるのかな?
ちょっと良いかも。

と言うことで、実際にアニメを見てしまったので、ベガルタの先週の試合に関するブログはまた明日に延期。
※ 1979年:アニメでは機動戦士ガンダム、ドラえもんが放送された年、ドラマでは西部警察、3年B組金八先生が放送、ソニーからウォークマンが、NECからPC-8001が発売された。
オープニングを見て、なかなかキレイな絵ではあるなと期待が膨らむが・・・
だんだんと違和感が体中を駆け巡ってきた。
冒頭のシーン
火矢
モンゴールの軍勢がパロの首都クリスタルパレスに攻め入る所で、モンゴールは火矢を放つんだけど・・・
どかーん
どかーんw
何故か火矢が爆発w
次々とミサイルのように打ち込まれ炸裂する火矢。
グインサーガの世界観上、火薬は発明されてないはずなんだけど・・・

ま・・・まぁ良いや、このくらいは演出として受け入れよう。
俺は海のように心が広い人だからな。
具体的に言うと瀬戸内海くらい。

そこを過ぎて、巨大な扉の奥へ逃げたリンダとレムスに追いすがるモンゴール兵のシーン。
モンゴールの兵
10mはあろうかと言う巨大な扉を前に、モンゴール兵の一人が悠然と剣を構えて振り下ろす!
どかーん
どかーんw
ってオイw
何だコレw
いくらヒロイックファンタジーとは言え、物語が始まった途端に雑魚までが強さのインフレ起こしてどうすんだよ!
グインサーガって、一応剣と魔法の国を題材としたファンタジーではあっても、それは特別な力であって、誰もが魔法や超絶パワーを使える物語ではない筈なんだけど。
もっとこう・・・国の大規模な戦争と国家の栄枯盛衰・陰謀と謀略の渦巻く政治の世界・それに翻弄される人間模様みたいな大人も楽しめるファンタジー小説なのに・・・
子供向けになりすぎ・・・

敵の雑魚がこんな強さなので、もちろん主人公たるグインなんか大変なモンですよ。
パンチ一発で・・・
どかーん
どかーんw
木々をなぎ倒しながら、3~40m吹っ飛ぶモンゴール兵w

ドラ○ンボールかっ!

何かね、リアルな世界に特別な力としてグインや何かの存在があるんじゃなくて、もう世界そのものがファンタジー。
リアリティとか無い。ガン無視。
グイン・サーガって週刊少年ジャンプに連載してるマンガだっけ?

一度気になりだすともう何でもかんでも鼻につく。
パロの古代機械のくだりもすっげーチャチに見える。
ワープw
こんなの。
クリスタルの塔からビーム的に飛んでく双生児。
えぇ~こんなに派手なの?

あと、ルードの森で襲い掛かるグール(食人鬼)!
グール?
ま゛~~~~
ぁんだごるぁ!
死体を食って死体に乗り移ってうごめく妖魔・・・じゃねぇぞこんなの!
なんか、モンスターが現れた!って感じ。
ライトファンタジーか!?

そして最後に、豹頭の仮面。
グインの頭なんだけど、小説では一貫して仮面である。
取れないけど。

それが何故かアニメでは・・・
仮面?!
普通に豹の頭じゃん!
目だけは本人の目で、その他は仮面のはず。
小説の1巻でも、自分で水を飲む事が出来なくて、リンダの機転でワラか何かをストロー代わりにやっと水を飲むことが出来ると言うくだりがあるんだけど・・・。

もう何かね、何かダメ。
ストーリーも細かい所が変わってて、しかもその変わったストーリーの部分が理解に苦しむ。
1話の最後の方でグイン一行は水に飛び込むんだけど、そこって水妖が居て危険なんじゃなかったっけ?
小説の方では森に火を放ち、荒れ狂う炎から逃れるために、その炎の明かりで水妖を退けて飛び込むんだけど、アニメ版では危険な水の中に飛び込む真っ当な理由が見当たらない。

作画的には結構良いのに、ジャンプのマンガか戦隊モノの特撮かと言う演出・脚本が決定的にダメだ。
ちゃんと原作に則った形でやり直してくれないかなぁ・・・。
残念。

まぁ・・・見るけどさ・・・

theme : アニメ
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
食べログ
プロフィール

JUN

Author:JUN
プログラムみたいなもの組んだりする仕事してるおっさん。子持ち。ベガルタを生暖かい目で見守る日々。ブランメル時代の殺伐とした応援が少し懐かしくもある今日この頃。

つぶやき
人気記事
RSSフィード
リンク
VEGALTA
その他


モリタポの寄付
J . B . A n t e n n a - VEGALTA SENDAI -
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。